人気ブログランキング |

2011年 04月 23日 ( 3 )

みやっちは帰ってきた

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

d0162564_19365315.jpg

いろいろ多忙な、みやっちから電話があったのは15時19分。

「今から2時間空いています」という電話。

即予約を入れて、「ご来店どうぞ」でした。

d0162564_19383065.jpg

朝の土砂降りはどこへ・・・

快晴も快晴。

ほぼ、五月晴れになりましたよ。

d0162564_19393028.jpg

みやっち、2度目のリグレッタは、ヘッドスパ+カットです。

使用前と、使用後をカメラに収めていました。

ブログかツイッターで発信されると思います。

d0162564_1941047.jpg

カットはこんかな感じに・・・

りぐれましたよ。

ヘッドスパも喜んでいただけました。



d0162564_19415854.jpg

ところで明日は、高知市会議員の選挙の日。

いつもそうなんですが、市議は知っている人、頼まれる人が
たくさん居すぎて、3票は欲しいところ。

選挙に行かない人の分も、入れられたら「あの人とこの人に」とうまく配分できるのになぁ。

d0162564_19441627.jpg

それにしても、この人だけにしか会いませんでした。

選挙カーはまだ自粛ムードなんでしょうか、

別にこの人を支持しているというわけではありません。

ただ、選挙に行きましょう!

by lawrence1107 | 2011-04-23 19:46 | 徒然なるまま

来客MAX!お天気MAX!

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



来週、高知工科大でマネジメント講義をするという、ラ・ヴィータ宮地電機・社長の
みやっちが、「明日予約します」とカット&ヘッドスパの予約電話をくれた。

やっぱり、みんな「りぐりたい」がやね、と思いつつ、予約帳へ記入。

d0162564_14135888.jpg

スパのことを h であらわしています。
開店10時一番のご予約でした。

前回のご来店 の時、スタッフを気持ちよくしてくれたみやっちの
土曜日一番のご来店は、「今日は新記録出るかも?」という期待が膨らみました。

ところが・・・

d0162564_14163970.jpg

今朝8時39分、携帯が鳴り「急に用事ができたので、すみません。キャンセルです」との報。

「仕方ないか・・・」とあきらめていると、思わぬ人から電話があり、
その枠を埋められることになったのです。

d0162564_14185455.jpg

電話から10分後 本人、さっそうとクルマで登場。

d0162564_14193123.jpg

カメラに気づいて、ONの表情に。

d0162564_14201335.jpg

ブロガーはしつこいぞ。

実は、彼のブログでこんなやり取りをしていたのでした。

1. Posted by リグレッタ八木 2011年04月22日 21:18
知る限り、夕べの速報第一号ですね。
僕は家にカメラ置き忘れて出てきたので
一番乗りは、なりませんでした。

写真がユニークですね。
こういう手法もあるんだ、と感心・関心。

ヘッドスパで攻めまくって
「また来たい(期待)美容室」を体験させてみせますぜ。

お待ち申し上げております。
090-3460-0215へご予約どうぞ。


2. Posted by ひで 2011年04月23日 09:58
◆リグレッタ八木さん

>知る限り、夕べの速報第一号ですね。

ありがとうございます!
が、ブログを書いているときに、こんじる兄さんがアップしておりました・・・。


>写真がユニークですね。
こういう手法もあるんだ、と感心・関心。

ぜひ、パクッてください(笑)

>ヘッドスパで攻めまくって
「また来たい(期待)美容室」を体験させてみせますぜ。

よし!いくぞっ!!
・・・と。

9時58分ってさっきじゃないですか!?

約束はすぐ実行する男、スポーツマックス・鈴木秀司。

d0162564_14225961.jpg

ピンクでテンション高く、完全に臨戦体制。

d0162564_14234673.jpg

ブログ用に写真を撮っている彼を、撮っている私。

d0162564_14243239.jpg

すぐに、スパリスト上田くんがお迎えに来て、

d0162564_14244623.jpg

専用個室へご案内しました。

d0162564_1425261.jpgここから

先は、

くつろぎタイムですから

カメラは

入らないように

しています。


本人がブログ用に

撮っていただく分には

問題ありません。

ごゆっくり・・・


d0162564_14273676.jpg

前日までのよやくはそうでもなかったのに、
あっという間に、お客様であふれるサロンフロア。

まだ右の方にも鏡面があるんですよ。
そこもいっぱい。

d0162564_1429412.jpg

くつろぎのひとときが終わり、乾かしていました。

「よく寝た、寝た」と第一声。

でも今から、お仕事だそう。

ヘッドスパのコースをすると、リラックスして
「今日はもう仕事したくない」という風になりますが、
それから30分ぐらい経ちますと、「よし、まだまだやるぞ」となるんです。

d0162564_14315682.jpg

会計中の、秀司さん。

まだ顔がはっきりしていませんか?

しばらくお話しして、オンタイムに戻り、帰って行った彼のあとには、

朝の雨が嘘だったように、晴れ渡る陽春の日差しが降り注ぐのでした。

d0162564_14335451.jpg

そして、帰って30分も経たないうちに、電話をいただき
「紹介します。来週の土曜日の10時にヘッドスパ・・・」

行動の速さは、さすが元日本代表・スポーツマックス!

ありがとう!

by lawrence1107 | 2011-04-23 14:36 | 徒然なるまま

独断と偏見の映画評 78

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


★★★★・・・絶対見るべし 
★★★・・・一見の価値あり
★★・・・悪くはないけれど・・ 
★・・・私は薦めない 
☆・・・おまけ

【ザ・ライト エクソシストの真実】
d0162564_10162488.jpg

この意味の分からない「ザ・ライト」というタイトル、
そして分らないからつけた「エクソシストの真実」というサブタイトル、
その上、このようなチラシのビジュアルでしょ。

誰だって、「オカルト系ホラー」だと思うでしょう。
伝説の映画で、僕が劇場スクリーンで回数多く一番見た(12回)
わが伝説の名作「エクソシスト」から、35年経っても、
「エクソシスト」という名前だけで、ある程度映画のイメージが出来上る
というすごい映画だったのですが、実は「エクソシスト」も実に
深く味わいのある映画でした。

そもそもこの「ライト」はRITEであり、宗教上の厳粛な儀式という意味です。
映画の内容は、バチカンに存在する「エクソシスト養成学校」に
入った新入生が、一人前のエクソシストになるまでを描く成長物語なのでした。

それでは売りにならないのでしょう。
「羊たちの沈黙」以来、怪優のイメージが強くなったAホプキンスを前面に押し出した
怪奇と超常現象との闘いみたいな「うり」で、予告編も作られていましたね。

そういう感じで見た人たちには、「物足りない」感じだったでしょう。
なにせ青年牧師のエクソシストになるかどうか、の葛藤の映画なのですから。

でも、映画としての成功はならず、でした。 ★★

【カリバー旅行記】
d0162564_10511736.jpg

1600年代後半に書かれた冒険小説が、いまだに読まれ映画化されるすごさ。
原作者スウィフトの連作冒険小説(ガリバーが旅行するのは、小人の国だけではないのです)
がいかにイマジネーションをくすぐる小説であるかですね・・・

さて映画の出来はと、
「ナイトミュージアム」のスタッフ決集という惹句を見て、
それだけが「売り」なら不安になりました。

危惧はもろ「あたり」で、
愚にもつかない、おとぎ話に終始して名作「ナイトミュージアム」組、残念というところ。

何が失敗かって、主演にジャック・ブラックを持ってきて
コメディタッチにしたことが一番の原因じゃないかと思うのです。
お子様向けにしても、単純すぎて、起伏なし、スリルなし、予定調和の冒険映画。

僕は2D吹き替えで観ましたが、3Dならまだ楽しめたかもしれません。 ★

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦】
d0162564_10595862.jpg

毎年GWに公開される「クレヨンしんちゃん」シリーズも19作目。
2、3作ごとに監督が変わるたびに変化する注目のアニメ・シリーズです。

僕の中で、シリーズベスト3(全部観ているのです!!)は
①「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
②「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」
③「爆発!温泉わくわく大決戦」

というところ。タイトルはふざけていますが、半数以上は大人の鑑賞にも絶え得る映画です。
知らなかったでしょ・・・。

さて本作。
とうぜんギャグは満載ですが、しんちゃん映画のリズムとしてイケル時は、
ナンセンスとシリアスなしんちゃんと家族たちとの活躍のバランスがいい映画の時。
シリアスなアクションとストーリーに展開した分、本来の「放送禁止ギリギリ」
な部分が見えなくなってしまって、それなら、しんちゃん以外のほかのキャラクターで
この映画作ってもいいんじゃない?という部分が多くで、「残念」というところ。

八木家はいくつになっても、このシリーズだけは家族で観にいきます。★★

【闇の列車、光の旅】
d0162564_11181991.jpg

この映画、あまりご存じないでしょう。
僕は偶然、去年東京で観ました。
あたご劇場さんが、2週間やってくれました。ありがとうございます。

中米のホンジュラス。
すさんだ情勢に夢を見ることはおろか、明日をも考えられない日々の状態。
殺人や犯罪は、日常茶飯事の中から、アメリカへの密入国を図る少女が乗った汽車に、
殺人をしてしまい、逃亡をアメリカに求めたメキシコ人の少年が乗り合わせる。

ここからの二人のピュアな恋愛と、凄惨な現実との対比が始まる。

貧しいけど、光を求めて列車の屋根に乗って旅する少女の瞳が輝くのが痛々しく
少年の、立ち直りたいけど、やってしまった殺人から逃れられない凶暴な心を
優しく、非情に突き放して描く、日系の監督ジョージ・フクナガの名作。

DVDが出ているはずです、ぜひ一度ご覧ください。★★★★

by lawrence1107 | 2011-04-23 11:56 | 映画マイラブ