手塚治虫記念館へ② 原画

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


ポチッ、して覗いてみてください。お蔭様での順位。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



今までにも、高知などの催し物ごとで、手塚治虫さんの原画は見たことがあります。

特に「鉄腕アトム原画展」なんかを見たときは、本当に倒れそうなほど興奮したものでした。

さて、いよいよ、入館です。

d0162564_12172112.jpg

入口には、手塚キャラのおもちゃや、フィギュアが並べられています。

アニメ化作品が多かったんだと、実感させられますね。

d0162564_12185823.jpg

手塚さん学生の頃の手書きの本。

僕も天才だったら、こういうの残っています(笑)

d0162564_12201130.jpg

さて、貴重なる原画コーナーへ突入。

d0162564_12202672.jpg

まだ、このころのマンガは、コマ割りが一律で

一定の広さの中で展開する舞台の芝居のような展開ですね。

d0162564_12224499.jpg

手塚さんのメガネ。

そしてベレー帽。よく忘れたという逸話があります。

ド近眼だったというだけ、分厚い黒縁の近視メガネでした。

d0162564_1224654.jpg

長編「陽だまりの樹」のなま原稿です。

これ好きだなぁ。ごく最近にテレビ化もされました。

塗り分けの指示なども、細かくされています。

d0162564_12251699.jpg

プライムローズの原画と、次第にカラーページに仕上がっていく様を追ったもの。

d0162564_12273439.jpg

今でも、僕のブログの中で人気のある「奇(あやこ)子」の原稿。

細かいことに驚く手作業。

d0162564_12291442.jpg

「ビッグコミック」で大人のドラマを切り開いた「きりひと讃歌」

医師という経歴も、こういう作品では活かされていますね。

d0162564_12302310.jpg

あまり知られていない「地球を呑む」

「ビッグコミック」誌で、初めての連載で、このあと

「IL」「きりひと讃歌」「奇子む「ばるぼら」「シュマリ」「MW」と続きます。

d0162564_12341783.jpg

「ブラックジャック」の有名なシーン

安楽死を仕事にするドクター・キリコと、正対する作品は「生とはなにか?」という

少年誌には、重すぎるテーマでしたが、二人の医師を対立させることでわかりやすく理解できました。

d0162564_12362996.jpg

伝説のトキワ荘。

藤子不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、寺田ヒロオ、水野英子などを輩出した名物アパートです。

マンガ梁山泊と言われて久しいです。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2012-08-17 12:38 | 手塚治虫100