「ほっ」と。キャンペーン

いい大人のお遊び メガネ曇り写真教室・後篇

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



昨日の前篇から続きます。⇒ 前篇はこちら。

d0162564_194885.jpg


そもそも、こんなイベントをなぜやるようになったのか?
と申しますと・・・。

d0162564_18551983.jpg
d0162564_185535100.jpg
d0162564_1855531.jpg
d0162564_185682.jpg

島田・中村チームで、こういうメガネずらし写真がはやっていたんです。
12月の初め頃。もともとは僕の、ラーメンメガネ曇らせ自撮り写真から派生したものかと
思っておりますが、あまりの乱れぶりに、ついつい禁を破って投稿してしまったのですよ。

d0162564_1902663.jpg

うどんじゃないですが、ドリンキング・メガネずらし写真を。
そして、メガネ曇り写真が、正統派だというような議論を吹っかけて
じゃ、見本見せるから、撮り方習いたいひとは、集まってくくださいよ、とイベントとなったのです。

ほかにも、たくみさんとか、ほりべさんとか参加予定だったんですけど、
結果この4人になってしまいました。

さて、皆さんの作品です。

d0162564_1934826.jpg

【作品評】
島田さんのこの写真は、きっと、湯気をたっぷり浴びるために一度、
どんぶりに顔を突っ込んでいますね。その前にうどんは箸で持ち上げていたのでしょう。
ですから、この距離にして、異様なほどの湯気がメガネにかかり、不自然極まりなく
写ってしまいました。

コツの①のアングルを作ってから、湯気を浴び、さりげなくうどんを持ち上げて
シャッターを切る、そういうゆとりができだすと、いい曇り具合になると思います。

65点。


d0162564_1131763.jpg

【作品評】
貴子さんのメガネは、湯気を受けやすいタイプなんです。
これまた隣で見ていて、湯気をキャッチすることに執心しすぎて、
曇りすぎ、という状態です。ほぼ長い髪を掻き分けながら、丼に顔はおろか頭ごと
突っ込んでいたような状態ですから、これでは前が見えず、いい写真も撮れません。
コツの③(湯気の受け方)を一番意識してください。でも美人だから

70点。


d0162564_1153959.jpg


【作品評】
真子せんせの自撮り写真は、写真撮影の基本から学ばなければなりません。
天は二物を与えずとはよく言ったもので、ベリーダンスという天性を与えたもうたために
こちらでは、才能を見出せませんでしたね。

一度、自撮りの基本のアングルと表情、タイミングなど練習してから再度
チャレンジされるとよろしいでしょう。ベリーダンスも才能だけで習得したのではないはず。
弛まぬ努力で、基本をかっちりやってから、難関にチャレンジすることをお勧めします。

30点。


d0162564_11103495.jpg

中村さんの写真は、残念ながらないんですよ。
気配りのタッパー中村さんですから、いろいろお世話していましたからね。

僕は、カウンターにカメラを置いて、自動シャッターでの自撮りに挑戦していました。

d0162564_1113165.jpg

お汁まで美味しいまつみさんだから、全部出来たことです。
となりの貴子さんが、あきれて あこがれの目で見守ってくださいました。


d0162564_11141335.jpg

さて、いい大人の饗宴も終わり、皆さんと別れを告げて帰ってきたリグレッタに
「お客様・島田さん」が座っています。

帰りしなに「ひげのカットって出来ます?」とおっしゃるものですから、
「ついでに、リグって行きましょうよ」と強引にお誘いしたわけです、

「なりたい自分」アンケートを書いていただいています。

d0162564_11163293.jpg

ビフォアです。

d0162564_11165865.jpg

スタイリストは、青木店長です。

d0162564_11174225.jpg

店長自慢のデザインと、店長が撮ったアングルからの写真です。
なかなか、男前になったでしょ?

d0162564_11185188.jpg

最後はお決まりの「りぐれたね?」です。
若返り、男前度アップしましたでしょ?

課題は、このセットを再現できるかどうかなんですよね。

おしまい


【今日のタカヒロくん】

d0162564_11413048.jpg

窓ガラスを拭いている高橋さんに、ちょっかいを出そうとしているのかな?
お手伝いしているのかな?

「タカヒロくん」と呼んだところを、瞬撮してみました。
今日も元気です。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-20 11:20 | こだわり

いい大人のお遊び メガネ曇り写真教室・前篇

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。




d0162564_17572078.jpg

ある晴れた冬の昼間、産業道路を車で走っています。

d0162564_17583045.jpg

着いたところは、おうどんがおいしい「麺房まつみ」さんです。

d0162564_17592987.jpg

待ち合わせたのは、このメンバーたちとです。
なんとこの日は、写真教室なんです。

初めての女性お二人は、アルベリーのせんせ、真子さんと、メンバーの貴子さんです。

d0162564_1812348.jpg

店内が混んでいたので、外で注文をして待っていました。
それにしても、何の写真教室なんでしょうね?

d0162564_1837795.jpg

真子せんせのほうからの記念写真ですよ。
初対面でも、遊びだとすぐに仲良くなれますね。

d0162564_1853100.jpg

真子せんせ、やおらメガネを取り出して

d0162564_1853951.jpg

みんなで記念の写真を撮りましたよ~。
いえいえ「りぐれたね?」写真のポーズ講習会ではありません。

d0162564_1863273.jpg

うどんが出てくるまでの短時間で、皆さんに講義をいたしました。
題して「自撮り曇りメガネ写真の3大コツ」なんです。

d0162564_188186.jpg

一に、アングル。
これは、カメラの向きもありますが、
どんぶりと、顔と麺を入れるという構図作りのことです。

出来れば、麺をすする直前の口を閉じている写真がよい。

d0162564_1810378.jpg

二に、表情とポーズですね。
カメラ目線にしない、まじめくさった顔がよい、箸の持ち方、麺の上げ方・・・。

d0162564_18101817.jpg

そして三に、湯気をメガネに受けるタイミングです。

湯気を確実に両方のレンズでキャッチするには、
①かなりどんぶりに近めに顔を構えて
②真正面に湯気がかかるよう、思いよりやや右に構える
③目から、カメラがはっきり見られる位置で構えて、見えなくなったタイミングで

撮るんです。

d0162564_18154590.jpg

さてさて、皆さん準備ですよ。
普段メガネ女子じゃないお二人もメガネを用意します。

d0162564_18233564.jpg

こういう感じです。
と見本をお見せしました。
1発で決まりましたよ、ほっとします。

d0162564_1824244.jpg

このお遊びの主催者は、ご存知タッパー中村さんです。
中村チームでは、メガネずらし写真もはやっておりますが、
麺のときは、曇り写真が正統派なんです。

d0162564_1826461.jpg

いよいよ、おうどんが出てきましたよ。
みなさん、準備はいいですか?
湯気が出なくなるまでの勝負ですからね。

d0162564_18322773.jpg
d0162564_1827731.jpg
d0162564_18273275.jpg
d0162564_1832758.jpg

何なんでしょうね?この集団。
全員がスマホか、デジカメを片手に、うどんをすすり、湯気をメガネで受けて
自撮りしているの図、なんていうのは。

d0162564_18343788.jpg

まず、見本を見せて、

d0162564_18352373.jpg

レディースたちと、三人同時の写真にチャレンジ。
見事に、湯気を受けていただけました。

皆さんの作品は、続きで公開いたします。  つづく

【今日のタカヒロくん】

d0162564_11433881.jpg

届いたお歳暮を持ってきてくれました。
これ、どう分けよう?

「店販が出た人に、1つずつにしようか?」
「そうですね、いいですね」どこまでも前向きなタカヒロくんなのでありました。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-19 06:55 | こだわり

手塚治虫100 その16「鉄腕アトム・地上最大のロボット」

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。



8ヶ月ぶりの「手塚治虫100」です。
この調子だと、100まで行くのに、何年かかるんでしょうね(笑)?

d0162564_18363384.jpg

これは、僕が小学2年生のときに買った、カッパコミックスの「月刊・鉄腕アトム」です。
1964~1966の3年間毎月1冊刊行されました。

それの17冊目、18冊目なんです。
生まれてはじめて買った漫画本ですね。

d0162564_18545789.jpg

そして、その1ページ目と2ページ目の見開きです。
この2ページだけで、ストーリーのイントロの多くを語っていますね。
驚きです。全部で178ページの物語です。
当時で言うと、大長編ですね。

漫画の月刊誌「少年」に1964年6月号から、1965年1月号まで8回にわたって連載されています。
1回当たりだいたい23ページぐらいの連載です。

d0162564_18591761.jpg

2ページ目に、この世界で強いロボット7人と戦って勝つために作られた
地上最大のロボット、プルートウを紹介します。
7人のロボット、所属の国名と仕事と名前全部いえますか?

d0162564_191214.jpg

一人目、スイスの山案内用ロボットモンブランは、たった2ページ、
始まってから4ページで、破壊されます。このコマ割りとストーリー・テリングの見事さ。

d0162564_1935786.jpg

二人目は、スコットランドの執事ロボット、ノース2号です。
博士の執事をしているようです。

手が6本あり、その手がプルートウにもぎ取られると、
そこから、こんな機械のような手が出てきて戦闘用になります。
ここいらは少年の心をつかむのに十分の要素ですね。

d0162564_1975681.jpg

この間に、アトムとは二度絡むのですが、
誘拐されたウランを取り戻しにきた南の島で、トルコのロボット力士ブランドが
モンブランの仇を討ちにやってきます。

モンブランとの決闘は熾烈を極め、唯一破壊シーンのない戦いです。
瀕死の状態で勝ち残ったプルートウは、動けなくなり、主人を呼んでもらう恩義を
アトムに受けます。

d0162564_1910860.jpg

5人目はドイツのロボット刑事ゲジヒトです。
日本にアトムを尋ねてきます。事情聴取というようなカタチで。
そして日本で、対決となるわけですが、ゲジヒトは、ゼロニウムという超合金で
体が作られているため、プルートウの角から出る電磁波が効かないのです。

「私の体にはも電磁波は効かないと言っただろう」と高笑いしたとき、
プルートウは角を左右に大きく捌き、ゲジヒトは真っ二つに壊れてしまいます。
油断大敵というやつですね。

因みに、このゲジヒト刑事、後の石ノ森章太郎氏の「ロボット刑事」の造形に
かなり影響しているのが、見て取れます。
この頃の手塚さんは本当に「漫画の神様」だったのです。

d0162564_1071180.jpg

そして舞台はギリシアの神殿。
ヘラクレスという唯一仕事がはっきりしていないロボットとの対決です。
ロボット馬とともに、「勇士」とだけ書かれていますから、
古代ギリシア・戦闘ショーをしているスターなのかもしれませんし、
古い神殿を守るスタッフなのかもしれません。

勇士ヘラクレスは、プルートウの弱点を発見しますが、
そこをついているときに油断をして、腕をもぎ取られます。
こうなると、勇士は自分の首をミサイルにして、手を飛ばし、
両足で、プルートウの角を踏みつけ、動けないようにしておいて
自爆し、相討ちを狙います。

だが、プルートウは勝ち残ります。

d0162564_10125929.jpg

10万馬力の自分では勝てないと感じたアトムは、
「100万馬力にしてください」という願いを、お茶の水博士にしますが
「強いだけがロボットではない」と諭されますが、あきらめきれずに
天馬博士に100万馬力の改造をしてもらいます。

このあと、パワーアップしすぎたアトムが一時おかしくなるコミカルな場面もあります。

d0162564_1016390.jpg

6人目のオーストラリアのイプシロン、このロボットが一番人間くさく
描かれていてファンも多いのではないでしょうか?

仕事が、なんと「孤児院の先生」なんです。

d0162564_10174513.jpg

100万馬力になって、ちょっとおかしくなったアトムが、誤って深海の底に沈んでしまい
それを救出に来た、プルートウとイプシロン・・・

ブランドとの戦いのときの、貸しを返すためアトムを救いに行きます。

プルートウは重いため、海底のぬかるみにはまったところを
そのまま沈んでいくのを放っておけば、自分は戦わなくてすむ、
でもロボットとしては、助けなければいけない、と悩むイプシロン。

光子ロボットという、光をエネルギーにするロボットだけに
エネルギーは無尽蔵なんです。
結局、イプシロンはプルートウを救い出します。
そして、このシーンが弱点を見せてしまうことにもなるのです。

d0162564_10225239.jpg

プルートウがイプシロンとの戦いを挑んだのは、太陽の出ていない深夜の時間帯。
自分を慕って出てきた子どもを救うべく、手だけを残して、
「光…光・・・ひかり…」といいながら、爆発してしまうイプシロン。
いろんな物語から、手塚さんがヒントを得ていることはお分かりでしょう?

d0162564_10263351.jpg

アトムとの戦いは阿蘇山で行われました。
対決の最中に、噴火が始まります。
人命救助のために、噴火をとめようとするアトムと、戦いを続けようとするプルートウ。

でも戦いは、噴火を沈めて殻で石じゃないかというアトムの提案に乗ったプルートウは
協力して大きな岩を運び、噴火を鎮めてしまいます。

プルートウに芽生える「善意の心」
アトムとの対決を拒否し、主人に初めて逆らうも、プルートウを作った博士が
200万馬力の巨大ロボット・ボラーを作り、決闘させてしまいます。

この博士実は、もともとプルートウの主人サルタンの召使ロボットだったんです。
サルタンのロボットに対する考え方を気づかさせるために、プルートウを作ったんだとも。

d0162564_10335663.jpg

こうして、人間たちが作った、おろかな最強ロボットたちの決闘は終わります。

このラストシーンの1コマに託されたメッセージの重さは、全鉄腕アトムのテーマでもあります。
テレビアニメでこの作品は2週に分かれて放送されました。

このシーンのバックにかかる「アトムのテーマソング」が今でも耳に残っています。

※因みに、この物語をオマージュを捧げた名作「プルートウ」は、手塚さんの息子・眞さんと、
大ファンだった浦沢直樹氏によって、リメイクされた作品です。





おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-18 10:37 | 手塚治虫100

ご当地ナンバープレートを手に入れるまで

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



テレビニュースで、高知市が「ご当地ナンバー・プレート」配布を始めました、と見ました。
12月12日のことです。

ネットで高知市役所にアクセスし、調べると
①旧ナンバー
②自賠責の保険証
③印鑑

で無料交換で、もらえるそう。

d0162564_17145699.jpg

13日朝、ドライバーを持ってきて、回してはずそうとしましたら、
右のネジは簡単に外れたのですが、左のは、回らず、
力まかせにやると、ネジ山がつぶれてしまいました。

d0162564_17161759.jpg

ネジ山がつぶれたネジを回して外すというドライバーもあるよ、
という情報の下、ホームセンターに探しに出かけました。

d0162564_17174628.jpg

色々とホームセンターの係の方に質問を浴びせかけました。

d0162564_17211726.jpg

そのたびごとに、「調べてまいります、少々お待ちください」と離れていきます。
お客としては、手持ち無沙汰になりますね~。

d0162564_17223485.jpg

自己判断で、貫通ドライバーというのを買い求め、
新しく付けるためのネジも買ってきたのですよ。

貫通ドライバーで、叩きながら、回すも、ネジ山がますます切れるだけです。

d0162564_17243442.jpg

今頃、「そうだ!!」と閃いて、
バイクを走らせる。

d0162564_17302564.jpg

バイクを買ったバイク屋さんに行ってみた。

すると・・・
d0162564_17311371.jpg
d0162564_17313131.jpg

右手にプラスドライバー、左手にスパナを持ち、
ささっと30秒足らず。
「はいっ、出来ましたよ」餅は餅屋である。

ついでに、発行枚数も聞き、ネジもくれることを確認。
やはり、専門職に聞くに限るね。

d0162564_1735613.jpg

約2キロの道を帰宅する。

d0162564_17354647.jpg

また締まったらいけないので、ぶらぶらの状態で帰ってきました。

d0162564_17363847.jpg

別の用事もあったし、スーパーへの買出しもあったので、
車に乗って出かけました。

d0162564_17373442.jpg

いつもながら、係員さんの多い地下駐車場です。

d0162564_17415724.jpg

市役所へ向かい

d0162564_17422229.jpg

2階の市民税課へ出向く。

d0162564_1743861.jpg

1階と比べると、2階は「ウェルカム」なムードがやや劣るのはなぜでしょう?
ま、それはよしとして、2枚のプレートが出てまいりましたよ。

Aは、はりまや橋+鳴子
Bは、桂浜に龍馬、
1から順に渡しているらしいので、番号は選べません。

どっちにするか、です。

当初は、はりまや橋派だったんです。
番号が106か・・・とーるさんなら、絶対これですよね。
一桁か111からすぐゲットだったんですが、

龍馬のほうが人気があり、すでに192番。
さあ、どーする?

d0162564_17475640.jpg

たいした意味もなく、Bにしました。
本来、偏屈なAB型タイプは、少ないほうにするんでしょうけど、
なぜか本能的に、「Bにします」と言っていました。

橋は好きなんですが、はりまや橋にあんまり愛着がなかった所為でしょぅか?

d0162564_175050100.jpg

桂浜に立った、龍馬の気分で市役所を出て

d0162564_17513294.jpg

買ったばかりの「貫通ドライバー」を使って、取り付けしました。

d0162564_17521730.jpg

新しい自賠責のシールも貼り、
高知市B192が新しい番号になりました。

「行くに」土佐弁だと、いい響きですね。





おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-17 17:55 | 時事・その他

ロレンスのP・オトゥール氏81歳で逝去す。

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



僕が映画にはまったのは、中学2年生のときの昭和46年8月4日に、
テアトル土電の大画面で「アラビアのロレンス」を観たのが決定的出来ごとでした。

d0162564_1445373.jpg

この凶器(狂気、侠気)のような目と、逆にやさしい表情の両面に
とても惹き込まれる俳優さんでした。

d0162564_1350052.jpg

これはオードリーとの共演作「おしゃれ泥棒」の1場面ですね。

アカデミー賞主演男優賞に8度もノミネートされていながら
一度も受賞出来なかったということもよく取りざたされます。

d0162564_13522143.jpg

写真は7回目のノミネートの後、
アカデミー食特別賞授賞式でのもの。

その後、主演作「ヴィーナス」で、8回目のノミネートを果たします。

この稀有な名優を非常に詳しく捕らえているブログがありますので、
リンクさせてもらう日となします。

⇒ こちらです。



僕のピーター・オトゥール映画ベスト5

①「アラビアのロレンス」
②「冬のライオン」
③「ヴィーナス」
④「マーフィの戦い」
⑤「ロード・ジム」



ピーター・オトゥール氏の生涯はこういうものでした。
以下、ネットよりそのままコピーしました。

(略歴)
スコットランド人の母親とアイルランド人で競馬の賭け屋だった父親とのもとに生まれる。

6歳の時に舞台『ローズ・マリー』を観て演技に興味を持ち、 高校卒業後はジャーナリストになることを夢見て地方の新聞社「ヨークシャー・イヴニング・ニューズ」に入社。 写真部で働きながら、アマチュア劇団にも参加。

49年に初舞台を踏んで、演技の素晴らしさに魅了されていった。 新聞社をクビになると、海軍に入隊し潜水艦の信号手として活躍。 2年間の兵役の後、52年に奨学金を得て名門の王立演劇アカデミーに入学。アルバート・フィーニー、アラン・ベイツ、リチャード・ハリスらと共に演技を学び、 55年にはロンドンの由緒あるオールド・ヴィク座の舞台に立った。

59年には舞台『The Holiday』の公演で知り合った女優のシアン・フィリップスと結婚。 その後もウィリアム・シェークスピアの劇を中心に活躍。 60年にアンソニー・クイン主演の『バレン』で映画デビューを果たしたが、平行して舞台にも出演。 61年の舞台『ヴェニスの商人』ではシャイロックに扮して、その演技は絶賛を浴びた。

舞台での活躍がデヴィッド・リーン監督に認められて、歴史大作『アラビアのロレンス』のタイトルロール、T・E・ロレンス役に抜擢。 アレック・ギネス、アンソニー・クインといった大スターを相手に、この複雑なキャラクターを見事に演じきり、彼の演技は映画と共に絶賛されて、アカデミー主演男優賞に初ノミネートされた。 『ロレンス』の成功によって一躍世界的な名声と人気を獲得。

d0162564_1473129.jpg


ヘンリー二世を演じた『ベケット』(64)では舞台仕込の演技と見事な台詞回しでリチャード・バートンの相手役を堂々と努め、 『冬のライオン』(68)でもヘンリー二世を演じてキャサリン・ヘプバーンの相手役を好演。その演技は高く評価され両方の作品でオスカーにノミネートされた。 次々と名演技を披露して評価を高めたものの、酒癖の悪さが災いして撮影現場で度々トラブルを起こし、 『冬のライオン』では75万ドルの出演料と興行収益の10%を手にしたが、オトゥールが酔いつぶれて撮影が遅れたため、製作者はギャラの支払いを渋った。

シリアスなドラマで濃厚な演技を披露するかたわら、 プレイボーイの雑誌編集者を演じたコメディ『何かいいことないか子猫チャン』(65)、 オードリー・へプバーンの相手役を務めた軽妙な犯罪劇『おしゃれ泥棒』(66)、007映画のパロディ『カジノロワイヤル』(67)など軽いタッチの作品にも出演。 それ以外にも、ジョセフ・コンラッド原作の『ロード・ジム』(65)、冷酷なナチス将校を演じた『将軍たちの夜』(66)、 4度目のオスカー・ノミネートを果たしたミュージカル映画『チップス先生さようなら』(69)などに出演。

演技派俳優としての地位は揺るぎないものとなったが、強烈な印象を残したロレンス役を超えるまでには至らなかった。 70年代に入っても人気は衰えることはなく、たった一人でドイツ軍Uボートに復讐を挑む整備兵を演じた戦争アクション『マーフィーの戦い』(71)、 年老いたドン・キ・ホーテを演じたミュージカル映画『ラ・マンチャの男』(72)、 5度目のオスカー・ノミネーションを果たした『The Ruling Class』(72)などの大作や話題作に出演。

75年には長年のアルコールへの依存が祟って腹部の腫瘍が悪化。余命幾ばくもないと宣告されたが、手術を受けて奇跡的に回復した。 79年には「ペントハウス」誌が1億6000万ドルの巨費を投じて製作したポルノ映画『カリギュラ』にシーザー皇帝役で出演。タイトルロールを演じたマルコム・マクダウェルと共にキャリアに大きな汚点を残した。

80年には古巣のオールド・ヴィク座の『マクベス』に出演。しかし、舞台は史上最悪のシェイクスピア劇と評され、大失敗に終わった。 80年の『スタントマン』では独裁的な映画監督役を熱演。批評家にも絶賛されて6度目のオスカー・ノミネートを果たし、 82年の『My Favorite Year』(82)では7度目のアカデミー主演男優賞にノミネートされたが、どちらも受賞は逃した。 人気コミックを映画化した『スーパーガール』(84)、ラジー賞の助演男優賞にノミネートされた『クラブ・パラダイス』(86)などの失敗作が続いたが、 アカデミー賞を独占したベルナルド・ベルトルッチの歴史大作『ラスト・エンペラー』では皇帝溥儀の家庭教師を好演。

90年以後も『ラルフ一世はアメリカン』(91)や『ファントム』(98)などの平凡な作品や、『ガリバー』(96)や『ヒットラー』(02)などのテレビ映画で才能を浪費していたが、 04年には古代ギリシャのトロイ戦争を題材にした『トロイ』に出演。この久々の歴史大作でトロイの王プリアモスに扮して、 ブラッド・ピットやオーランド・ブルームといった若手と堂々と渡り合う存在感のある演技を披露した。

79年に離婚したシアンとの間に二人の娘をもうけ、長女のケイトは父親と同じ道を歩んで俳優となり、『ザ・デッド/「ダブリン市民」より』(87)などに出演している。


ご冥福をお祈りいたします。
d0162564_15595562.jpg



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-16 14:05 | 映画マイラブ

青木店長の朝礼

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。


リグレッタの朝礼は3チームの構成で2週交替で行われます。
上総マネージャーチーム、青木店長チーム、千夏副店長チームの3つです。
それぞれに3~4人が属していますから、その担当週には、2、3回回ってくるわけです。

今週は青木店長チーム。

d0162564_11143761.jpg

水、木、金と3日間続けて店長が行いました。
先月のあるセミナーで受けて感じた内容をみんなの前で披露していました。


「ほどほど族」の台頭」

 昨年12月7日の日本経済新聞の一面特集「働くニホン」では、
最近「出世を望まないビジネスマン」が増加傾向にあるとし、
「仕事に打ち込んでも報われるとは限らない。ならば、ほどほどでいい...」
と考える若者達を「ほどほど族」という表現で紹介していました。

こうした傾向は、私もウスウスは感じてはおりました。
特に最近の若い人材にはそうした傾向を感じます。これは、
最近の若い人たちの気質の問題なのでしょうか、
それとも組織や社会の構造的な問題、はたまた組織における教育の問題なのでしょうか。

d0162564_11235637.jpg


 気質という面から見ると、同記事の中で、日本では仕事に「意欲的でない」
「どちらかというと意欲的でない」という人が計72%に達したとあります。
昔から「2:6:2の法則」といわれるように、集団では必ず働き者2割、怠け者2割、
どちらともつかない者が6割という比率で出現するといわれます。

その法則に照らしてみると、この72%という数字も必ずしも悲観するものでもなく、
ひょっとするとずっと昔からそうだったのかもしれません。
確かに世の中が豊かになるにつれ、ハングリー精神が失われつつあるとか、
欲のない人が多いとかいわれますが、
本当にそういう(気質を持った)人材が増加しているかどうかは定かでありません。

d0162564_11241811.jpg


 それでは、組織や社会の構造、組織における教育問題という面から見るとどうでしょう。
組織、社会構造という点からいえば、現在と過去には大きな隔たりがあります。
バブルが弾けるまでは右肩上がりの高度成長により、日本という国も、
そこに属する企業集団もどんどん成長し、多くのポストを生み出し、多くのやりがいを創造してきました。

 ところが昨今といえば、格差社会といわれるように、企業間の格差、組織の格差、
個人の格差があらゆるところで進展し、2割の人に富もやりがいも集中し、
8割の人にはなかなかそうしたものが実感として得にくい構造になりつつあるのではないでしょうか。

 次に教育という点ではどうでしょうか。
既に学校教育というものは、優秀なビジネスマンを輩出する上では機能しなくなっていますから、
組織がその役割を担っているといっても過言ではありません。
その教育の主体者である企業が、社員のモチベーションを高めるための
教育を正しく行っているかという点でもいささか疑問が残ります。

d0162564_11244971.jpg


 冒頭の話ではありませんが、「仕事に打ち込んでも報われるとは限らない...」という言葉にあるように、
働く目的が「報われること」に重きを置きすぎている感があります。果たしてこれは正しいことでしょうか。
まず一番に自分の権利を考えるような人に良い仕事ができるとは思えません。

 そういう考え違いをしている以上、絶対に報われないと思いますが、
いまの時代はどちらかといえば、そうした「自分」が優先される時代のように感じますし、
企業内教育もそうした方向でモチベーションを高めようと仕向ける傾向があるように思います。

 こうした間違った教育を改め、自らの(本当の)成長を実感できるような教育が、
組織の中でしっかり行われれば、きっと「ほどほど族」は減っていくと思います。
これは彼ら若者の問題ではなく、その若者を教育する側の問題なのです。



d0162564_11251038.jpg

あっという間に、クリスマスももうすぐそこ。
年末商戦真っ只中です。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-14 11:25 | 学びの人生

大人買いは、失敗の元

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



d0162564_127755.jpg

こんなキャンペーンやっていますの、ご存知ですか?
僕の興味ではなく、高校生の三男の興味です。

d0162564_127279.jpg

先日、初めて缶コーヒーなんかを1缶買ってきて
「僕にも、飲めるんや」と喜んでいたと思うと、
これに付いているシールが、目的だったようです。

10枚集めて登録すると応募できるという式ですね。
ネットで応募ですから、今風です。

d0162564_1294388.jpg

「面倒やから、箱で買って来たら?」
10本で1回の応募だと思ったので、本人は3回応募したかったようなのです。

ところが・・・
箱買いしたものの、開けてみると「シールなし」の缶だったんです。

d0162564_12121974.jpg

それで、「シール付きのと交換してくる」と持ってきたのが、サービスカウンターです。
1個だけ外にあるのは、取り出しているうちうまく箱に入らなくなったものです。

d0162564_1217348.jpg

全部出して、数と品を確認してもらい、
(シールを貼せれていないのを、確かめるためにかねて)
返品・交換していただくことに。

d0162564_1219742.jpg

ところが、ワンダのモーニングショットが箱ではなくて
30缶そろいませんでした。

店の方は、「これなら貼ってあるのが30缶ありますが」

残念ながら、高校1年生には、微糖がだめらしい。

d0162564_12213921.jpg

売り場に行ってシール付きの現品を探す。
貼ってあることを、きっちり確認して、数えると、
9缶しかない。

これは、困った。
どうする?

d0162564_12234762.jpg

仕方なく1缶だけ、微糖のに。
飲めんかったら、飲んであげるよ、と。

ついでにコーラやらも買い求め。

d0162564_12242327.jpg

現金で返金していただいて、新たにレジです。

中身を見ずに、大人買いをすると、こんな羽目に合うこともありますよ
という、失敗談でした。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

# by lawrence1107 | 2013-12-13 12:26 | 時事・その他