「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

うれしい、2枚のシール

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。



d0162564_1101350.jpg

ローソンでパンやデザートに貼られている、対象シールを貼って集めると、
リラックマ・プレートがもらえます。

あと、2枚まで来たことをFBで写真公開したのですよ。
それにしても、この貼り方、性格を表す貼り方ですねぇ?

d0162564_115444.jpg

そしたら、FB繋がりでリグレッタのお客様でもある若い女性が、
ご来店の際、わざわざ、こうして2枚分を
「まだ、足りないようでしたら、使ってください」と持ってきてくださいました。
嬉しいですよねぇ、こういうの。

d0162564_11767.jpg

お蔭様で、ちょうど30枚分貼り終わりました。
ホントにありがとうございます。

d0162564_1183265.jpg

いざ、一番近くのローソン高知栄田店に持って行きます。
ここ、とても感じのいいローソンなんです。

d0162564_1195496.jpg

カウンターで、「これお願いします」と差し出すと

d0162564_11105083.jpg

出てきましたよ、リラックマ・プレートの箱をカウンター下から
出してくれました。

d0162564_1114542.jpg

徒歩でリグレッタへ帰ります。
6月3日までのキャンペーンですから、「次の台紙をどうぞ」とまたくれました。

d0162564_11164050.jpg

欲しくてたまらないものでも決してないのですが、こういうシールやポイントを
集めてもらえるグッズって、なんか嬉しくないですか?

開けてみたら、前回とはずいぶん感じの違う黄色のプレートでした。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-30 11:18 | こだわり

こんな映画もありました その13

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。

★★★★・・・絶対オススメ 
★★★・・・一見の価値あり
★★・・・悪くはないけれど・・ 
★・・・私は薦めない 
☆・・・おまけ

※本編の内容に触れる個所がありますから、観られていない方は、ご注意ください。



『永遠の人』
d0162564_18472762.jpg

木下恵介監督全集を1本ずつ見て行っていると、おどろくような作品に出合いました。
主演は高峰秀子さんですから、「二十四の瞳」やら「喜びも悲しみも幾歳月」なんかを
イメージしちゃいましたよ。共演も「喜びも悲しみも幾歳月」佐田啓二さんですから。
(佐田啓二さんて、中井貴一さんのお父さんね)

最初から、舞台は阿蘇は熊本、第一部昭和七年と出て、それにかぶさる音楽はなんとフラメンコ。
監督の弟、木下忠司さんによるもの。

この音楽、全編にわたり流れていますが、歌詞が日本語(熊本弁?)なのです。

♪ 一人の女が鬼になった~で~

それはですな~、それはですなぁ~!
(合いの手、コーラス)

というすごいもの。

各章を繋ぐ部分で、ストーリーを語ります。
西部劇で「真昼の決闘」なんかでも、そういう趣向がありましたが、
これフラメンコにはぶったまげましたよ。
そして耳について、離れません。

戦争で負傷して片足が不自由になった地主の息子に仲代達矢さん。
その小作人の娘で、婚約者が戦地に行っているのをいいことに、
無理矢理犯して妻にする=高峰秀子さん。
数年後、婚約者・佐田啓二さんが復員してくる。
駆け落ちしようと約束したものの、村の権力者には逆らえずに、断念。
妻をもらう=乙羽信子さん。

この四人の愛憎物語が、五部にわたって、どろどろに繰り広げられるという予期もせぬ映画でした。
四人の演技は鬼気迫っていました。木下映画のダークも垣間見、ものすごく刺激を受けました。
1961年、キネマ旬報3位。    ラストまで目が離せません。★★★★



『上を向いて歩こう』
d0162564_1973946.jpg

1962年、日活で制作された「歌謡映画」の1本。
「永遠の人」と1年違いの映画とは思えないほど、
高度成長とそのひずみを画面からほとばさせています。
主演は、坂本九さんと、浜田光夫さん。共演に吉永小百合、高橋英樹(ほぼデビューの頃)。

少年院から脱走した主人公二人が、更生をしつつ、恋愛と友情と犯罪に惑わされながら、
それでも、前向きに上を向いて歩くという青春ストーリーです。

この映画のラスト「上を向いて歩こう」を全員で合唱しながら、国立体育館のところを
進んで来るシーンがあるのですすが、その時に原曲にない4番が流れます。

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す 冬の日 ひとりぼっちの夜

幸せは 星の上に 幸せは 月の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
手をつなぎ 歌おう 若い僕らの歌


原曲にない「冬の日」これがメッセージだったんですね。★★


『ガンヒルの決斗』
d0162564_19201649.jpg

1957年「OK牧場の決斗」、1958年「ゴーストタウンの決闘」
そして1959年のこの作品を、ジョン・スタージェス決斗3部作と言います。

「OK牧場の決斗」に続いて、カーク・ダグラスが主演、親友であり、敵役にアンソニー・クイン。

先住民の妻を、強姦・殺人された保安官・ダグラスは、馬の鞍を手掛かりにガンヒルの街を牛耳る
元親友・クインのところに行く。息子が犯人であることは双方がわかり、
汽車に乗せて連れて行き裁判にかけようとするダグラスと、友情は殺してでも
息子を守ろうとするクイン。わかりやすい構図での演技合戦も、決闘も最後まで面白かった。

このあと、乗りに乗ったスタージェスは「荒野の七人」「大脱走」という男映画の傑作を撮ります。
そういえば、この映画でも女性の描き方は軽かったなぁ。苦手なのかな?★★★



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-28 06:44 | 映画マイラブ

僕の偏愛、ジブリ・アニメ・ベスト10

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



スタジオ・ジブリ、今でこそ、出せば大ヒットのチームですが、
「となりのトトロ」が公開された時は、1本立てで勝負できなくて、
同時上映作が、あったんです。それがなんと、あの「火垂るの墓」
それでも、興業的には大成功と言えず、ブレイクしたのは、
「となりのトトロ」のビデオ化の時でした。まだDVDが普及する前のことです。

それ以来、大躍進を遂げたジブリ。

独断で、その作品群から「マイ・ベスト10」を選んでみます。

【10位・『おもひでぽろぽろ』】
d0162564_13255463.jpg

高畑勲監督の作品で、ジブリの一つの転機の作品だと思います。
童話的アニメから、昭和の佳き時代の佳き人たちがつむぐドラマは、このあと
「耳をすまして」「コクリコ坂から」へと、繋がって行きます。
紅花の描写が見事でした。


【9位・『千と千尋の神隠し』】
d0162564_13372317.jpg

宮崎アニメのキャラクター想像力の極致の作品です。
アニメの日本興行記録は今も破られていないはず。
304億円、2300万人という記録は、破られないでしょうね、暫く。

僕も高知東宝へ見にいったとき、次回の上映待ちで2時間も、
階段の列に並んで待って観た記憶が鮮烈です。
ちなみに「「トトロ」+「火垂る」で11.8億円だったと言いますからね。


【8位・『火垂るの墓』】
d0162564_1442599.jpg

泣かせるアニメとしては、最高峰かもしれませんが、
決して「お涙ちょうだい映画」ではない所が、高い評価になります。
野坂昭如さんの小説を、兄妹の思いやりと飢えとのたたかいに焦点を絞りつつ
大変な状況を、綺麗な風景や火垂るの描写で対比させ、
戦争の犠牲になる弱者を描きます。



【7位・『コクリコ坂から』】
d0162564_13473449.jpg

昭和の「あの頃」を描かせれば、右に出るもののないジブリの底力の作品。
前作「ゲド戦記」で酷評された宮崎吾郎監督、これで跡継ぎになれましたね(笑)。

昭和ノスタルジーが、ほどよく気持ちのいい作品。


【6位・『耳をすませば』】
d0162564_13511329.png

どうも僕は、この手の純愛ストーリーが基本好きらしい。
妻と子供たちが、ビデオでかけては「カントリー・ロード」を
覚えて、歌っていたのが、懐かしい思い出です。

猫がジブリさんはお好きらしいですね(「猫の恩返し」「魔女の宅急便」のジジ等)。



【5位・『もののけ姫』】
d0162564_14431384.jpg

ジブリが、映画館興業に金字塔を打ち立て始めた作品。
スケール、テーマとも、神話的・寓話的になり、本来アニメで描いていた
映画世界ではない大作になって行きました。

その意味で、実験性も、アニメの限界を越えた作品として、大いに評価できる作品です。


【4位・『パンダ・コバンダ』】
d0162564_146572.jpg

正確には、ジブリ作品ではありませんので、ここに入れていいかどうかは難しいですが
宮崎アニメの劇場版として公開された40分程度の作品で、続編と2本立てのDVDです。

絵も子供向けで、あのころの東映マンガ映画の風合いが残っていますが
ストーリーのあっけらかんさ、見始めたら何回でもエンドまで見てしまう
魅力あるアニメです。「トトロ」の原型なのかな?


【3位・『魔女の宅急便』】
d0162564_14165939.jpg

僕が、テーマソングで初めて涙した作品です。
オープニングの「ルージュの伝言」もそうですが、
エンディングの「やさしさにつつまれたなら」の方が来てしまいましたね。
音楽演出は、高畑勲監督が担当しています。

ジブリの無国籍性は、「ナウシカ」「ラピュタ」もそうですが、2作品はSF的なアニメですから
この童話的アニメの無国籍性はこの作品からですね。

空を飛ぶこともジブリ映画の「お約束」ですが、一番好きなのはこれです。
驚くべきは、名探偵コナンの高山みなみさんが、オーディションを受けたうえで
キキとライバル魔女の卵のウルスラを演じていることですね。

グー・チョキ・パン店の描写が大好きでした。


【2位・『ルパンⅢ世・カリオストロの城』】
d0162564_14393671.jpg

映画館で観た初めてのジブリ作品。
最初は「ルパンⅢ世」の映画化か、とあまり乗り気でなかったのですが、
冒頭のカーチェイスからはまり込んでしまい、最後まで一気になだれ込んだという始末です。

クラリスとルパンの愛も、哀愁漂わせていいじゃないですか?
いつものキャラが、いつもの声で、全く異世界を演じるというのがとも魅力的でした。

銭形も、不二子も魅力的です。


【1位・『となりのトトロ』】
d0162564_1431175.jpg

映画の専門雑誌「キネマ旬報」で、評論家・読者共にその年の1位に押した、初めてのアニメ作品です。
見られている方も多いと思うので、いまさら語ることも少ないと思うのですが、
キャラクターの絵と声と、ファンタジーとアニメのカメラワークが見事に合致して
合わさった傑作です。

最初は糸井重里さんの父親の声なんか、「なにこれ?」と思って見ていましたが
進むにつれ、ばあちゃんの北林谷栄さんの声と共に、一番印象に残っているのです。

飛ぶシーンのカメラワークここに極まれり、という感動でいっぱいでしたね。
日本人の良心をくすぐる映画です。


以上、10本、いかがでしたか?
あなたのベスト10は、また大きく違うでしょうね。




おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-27 14:38 | 映画マイラブ

ブログ、FBの歴代カメラくんたち

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



このブログを初めて、約3年経ちます。
初期のころは、携帯の写真1~3枚程度で1回分を作っていたのが、
段々、写真だらけになってきて、コンパクトなデジカメで撮って、パソコンに取り込んで編集
というように進化してきました。

丁度3年前は、まだ携帯時代でした。

d0162564_10411541.jpg

2.0Mなんて書いてありますね。
この時代は撮りまくってから、ストーリーを作って、最少枚数で話を作っていました。
画質は決してよくなかったですねぇ・・・

d0162564_10462712.jpg

そして、デジタル一眼レフカメラが登場します。
みなさんのブログの画質がいいので、これが登場したわけですよ。
でも、重た過ぎて、暗いときや遠いとき、画質を問うときなど、特殊な時だけの登場になりました。

d0162564_10425411.jpg

そして、コンパクトデジカメと、移り変わります。
ご覧のように、わずかの間に3台壊れてしまいました。

下に位置する、富士フィルムのカメラは、画質が良くなかったのですが、
まあ携帯よりよかったので、使っていましたが、ご覧のように
メモリーとバッテリーを入れるふたの部分が止まらなくなってしまい、買い替えに。

次はピンクのパナソニックのルミックス、
これはなかなか頑張ってくれましたが、1年ぐらいして画像に斑点が出だしたのです。
機能性そのものは大好きでしたが、ブログを見てくださるみなさんから「替えたら」という
お薦めの元、同機種の黒に替えました。これはバッテリーが共有できるからです。
そうすると2本持って行くこともできめよけですよね。

ところが、黒は3か月足らずに、レンズの収納が出来なくなり、ご覧の状態で停止しました。
無償保証期間中にも関わらず、「人為的故障」と判断され、次の機械へと。

d0162564_11232730.jpg

上のブルーのキャノンのが型落ちで、超安かったので買いました。
ところが、これがまた1カ月もしないうちに、似たような状態になっちゃいまして
今度は「人為的自覚」は全くなかったもので、主張したところ

d0162564_11253667.jpg

その場で新品に交換してくれました。

d0162564_11253431.jpg

えらくあっさり、無償交換してくれたもんだと思いながら、帰ってきたことでしたが
その後2か月少し、快調に撮れております。

お蔭様で、自撮りも上達し、1発で決まるようにもなれました。

今度のキャノン君、長生きしてくれよ、と祈ります。




おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-26 11:28 | こだわり

タケノコ差し上げデーでした。

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



d0162564_11444246.jpg

この月曜日に、これだけ採って、鉄釜で1時間煮込んでアクを取ったタケノコさんたち。
これをまともに家族で食べていたら、1カ月は「タケノコばかり」になっちゃいますから、
家族みんなで、全力を挙げて、日頃のお礼に差し上げるようにしています。

翌・火曜日にはリグレッタの主だったメンバーに持って来て上げましたが、

d0162564_11462470.jpg

火曜日に公休だった、青木店長には水曜日に持ってきました。
朝が大雨だったので、庭の浸けてあるバケツから取ってくるのが、大変でした。

ご両親にも届いたかな?

d0162564_11491643.jpg

新人・ネイリストの浜渦さんにも。
昨日足りなく無くなったんですよ。
新人は申し訳ないけど、後回しです。

d0162564_11502331.jpg

店長と同じく、月火と連休だったタカヒロくんにも、あげましたよ。
彼は、兄姉さんに持って行って一緒に食べたのかしら?

さて、午後になると、FBフレンズや、お客様たちに。

d0162564_11524535.jpg

第一弾です。
こちら、よくお近くを通ります、という書き込みをしていただけますので、
お声掛けしたら、「いいんですか」とおっしゃりながら、わざわざ取りに来ていただきました。

中島和代さん、お近くなんですよね。

d0162564_11543573.jpg

夕方になりかけて、お持ちしたのは7人家族の、はんこ屋隊長こと
「西内開運堂」社長、西内さん。
ハンコを作る過程やらいろいろ、教えていただきました。

写真撮るとき、店にいた女性が「リグレッタ・ポーズ」してくださいよと
西内さんに言ってくださいました。お、有名になっているんだとほくそえんでしまいました。

何処にもなかった「濵渦」=ハマウズ、の難しい眉浜の文字のハンコが在庫でありました。
驚いていると「いいですよ、差し上げます」とくださいました。ありがとうございます。

d0162564_120266.jpg

尾崎さんは、自分が来られないので、娘さんの通学帰りに頼んで取りに来てくださいました。
「その手があったか」と杉ママは、悔しがっていました(笑)。

d0162564_1213340.jpg

職場帰りの主婦が駆けつけてくださいました。
25日から始まるランチパスポート友達でもある、恵子さん。

新しい職場で、早くもアイドル化しているようで、よかったです。
あっちこっちに旅されるのがお好きで、その旅のお土産と言って持ってきてくださいました。
物々交換で、僕が得をしましたよ。

全然、物欲的見返りは期待していませんので、ご心配なく。

d0162564_124363.jpg

本日最後のお客様は、もう暗くなってからママと一緒に来てくださいました。
タケノコの結構重い袋を渡したら、ずっと持ったまま、

「ありがと」と「ばいばい」を言ってくれました。

お蔭様で、第2回も完売いたしました。

きっと第3回が今度の土日にありそうです。
また楽しみにしておいてくださいませ♡


おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-25 12:06 | こだわり

2013年の本読み その2

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。





『新・野球を学問する』

d0162564_1174440.jpg

PL学園から早稲田大学へ進学するつもりだったのに、ドラフトで巨人に指名されて
入団し、巨人のエースになり、晩年大リーグ・パイレーツでも投げた桑田氏の本です。

桑田氏が、高卒から大学院を受験する資格を取り、
憧れの早稲田大学の院生になり、1年間研究した、スポーツ科学研究科での
「野球道」についての発表を通じて、感じた「野球とは?」が書かれています。

なぜ、野球の練習は、しごきや連帯責任がいまだにあるのかなど興味深い研究です。

WBCのテレビ解説を聴いていて、次期監督は桑田氏にしてほしい、
と思ったのは、きっと私だけではないでしょう。
それだけ、大リーグの経験もあって、知っているから、だけでなく
「野球」自体の事を本当に知っています。

その源泉がここにあることを知り、タイムリーに改めてファンになりました。
3分の1をも占める加筆された部分が、また面白い。
松井の引退、イチローの移籍、体罰問題、松坂は復活できるか
野球とサッカーのビジネスとしての違い、いろんな旬な話題が
お二人によって縦横無尽に切り取られるのが、とても楽しかったです。

超・おススメです。新潮文庫515円・税込。


『独断流「読書」必勝法』

d0162564_11113730.jpg

僕が尊敬する日本語の達人は、故・井上ひさしさんと、この清水義範さんのふたりです。

清水さんには、われらが西原理恵子さんとの共作も多いんです。
講談社文庫の「おもしろくても理科」「どうころんでも社会科」「いやでも楽しめる算数」
「はじめてわかる国語」などの勉強科目シリーズです。

どれも独自の切り口で語りますが、それを処理する西原流もまた独断に満ち満ちなんです。

本書では、清水先生が文学史に輝く名作と言われ、タイトルや作者は知っていても
実際にはほとんど読んだことのない古典的名作を日本の作品と海外の作品を10作ずつ読んで
「この作品の読み方」のコツを伝授した下さるという便利な本です。

日本の作品では、「坊っちゃん」「伊豆の踊子」「細雪」「陰獣」「高野聖」「河童」
「濹東奇譚」「暗夜行路」「金閣寺」「万延元年のフットボール」の10作品。

海外の作品では「ロビンソン・クルーソー」「ガリヴァー旅行記」「ハムレット」「嵐が丘」
「罪と罰」「谷間の百合」「黒猫」「ボヴァリー夫人」「若い芸術家の肖像」「魔の山」の10作品。

全部読み終えてるのは、僕は2冊だけ、「坊っちゃん」と「伊豆の踊子」の短い2編だけなんです。
あとは「金閣寺」を途中まで。それ以外は「罪と罰」を持っているだけですね。

でも、それらをあたかも読んでしまったような錯覚にさせる「読み方」を伝授してくれるので
物書きの力は偉大です。ますます、清水先生を尊敬してしまいました。

付録に「読書の秋にお薦めの10冊」「泣ける話10作」「王道ミステリー10作」と
これらも充実しています。本(小説系)好きなら、必読の1冊ですね。

講談社文庫・660円・税込み。



『世界の猟奇ショー』

d0162564_11115980.jpg

唐沢俊一+ソルボンヌK子の夫婦コンビによる、猟奇シリーズ2作目。
ブックオフで105円でつい買った文庫本でしたが、これがまた「よくぞ、ここまで集めた」
というほどの、ネタ満載の本なのです。

いわゆる、猟奇ネタなので、エロ・グロ色もあることはありますが
前篇漫画で、笑いとばしているので、読後感は爽快です。
ナンセンス的笑いに満ちています。

唐沢せんせの蘊蓄付き教養ネタと雑学を、ものの見事に漫画化するコンビの夫婦って
普段どんな会話をして、生活しているんだろうと思われるような、ギリギリのラインばかりです。

この本、シリーズのようですが、絶版になっているのかな?
ネットでも出てきません。でも、雑学とおとぼけネタには、苦笑しっぱなしです。
ブックオフさん、こんな希少本でも105円。素晴らしい。

玄冬舎文庫。480円・税込み。




おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-24 11:49 | 活字かつじ中毒

ふと山に分け入ったら・・・

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。






d0162564_1230535.jpg

やや、寒い日が来たり、昼間は暑かったりの日々ですが、
畑では、もうネギ坊主が出てきていました。


買い物の帰り、ふとそちら方面が気にかかって、我が山へ寄ってみると、
d0162564_12321684.jpg

こんなのや、

d0162564_12322454.jpg

ずい分と、1週間で伸びてしまったタケノコが育っていました。

もう1週遅らすと、ほぼ竹になってしまいますから、午後2時過ぎからなのに
タケノコ採りに急遽なりました。

d0162564_12351013.jpg
d0162564_12351026.jpg

前週は、まだこんなだったのが、
前週採らなかったということは、その写真未満だったわけで、
いかにタケノコがこの時季、すごい速度で伸びるかがお分かり頂けると思います。

さて、

d0162564_12372380.jpg

多くの皆さんは、「竹でしょ、それ」とお思いでしょうが、
まだ「タケノコ」なんですよ、これ。

竹とタケノコの境(間)で切り取るのがコツですね。
数年の修業で、ほぼ一節とずれずに当たるようになりました。

そこに、山鎌を打ち込みます。
竹の部分は、鎌でもはじき、タケノコの部分は、さくっと通ります。

そして、鎌を入れた反対側へ力を少し加えると、簡単に倒れます。

d0162564_12414634.jpg

こんな、ぼくの背丈を大きく超える3メートル級のやつでも、だいたい下1メートルを除けば
食べられる部分なんですよ、まだ。

竹は切っておくと、そこから枯れて行きます。

この長いのを通路まで運ぶのが大変なんですよ。

d0162564_12435765.jpg

通路に出してから、皮剥ぎをします。
これも慣れてくると包丁1本で、かなりの速さで剥いでしまえます。

緑っぽいところ食べられそうにないでしょ?
これぎりぎりOKなんですよ。

d0162564_12463564.jpg

4時過ぎ、採ってきたものの節を除き、煮られる大きさにまで切り
八木家特製の大きな鉄釜で煮詰めます。

だいたい1回目は沸騰してから1時間近く・・・
アクは抜けてしまいますね、これだけ煮ると。

d0162564_12491040.jpg

2回目は30分前後でOKです。
釜が熱されていますから、沸騰しっぱなしですので。

これをしていて、日は暮れて、7時を越えてしまいました。
ほぼ半日仕事です。

d0162564_12504371.jpg

一晩、冷水に浸して、置いておきます。
このまま味付けすれば、もう食べられますね?

なかなか美味しいですよ。
これでしばらくはまた、タケノコを食べられます。

知り合いに、近所にまたたくさん持って行かなくちゃいけません。
必要な方いませんか?




人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-23 12:53 | こだわり

35分間カットに再度チャレンジ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。


d0162564_20514318.jpg

よーい、スタートは5時32分。

d0162564_20522537.jpg

カットTIMEトライアル第2ラウンドが始まりました。

d0162564_2053961.jpg

カットのスピードとクォリティを上げるために、取り組んでいるのは岡村くんです。
そして、モデルは僕、それは知っていますよね?

d0162564_20533957.jpg

10分経過。

d0162564_20541742.jpg

丁度、バックの部分のカットが全部終わったところでした。
前回より、だいぶ早いぞ。

d0162564_2055138.jpg

20分経過。

d0162564_20554849.jpg

コーチ役の青木店長が見に来てくれました。
内心、頑張れよ、とエールを贈っているようです。

d0162564_20565467.jpg

最後の仕上げカツトに入りました。

d0162564_2058943.jpg

あちこち、と、細かいチェックをいろんな角度からしていきます。

d0162564_20585138.jpg

40分経過です。

d0162564_20593979.jpg

カツト完了。
顔に毛がいっぱいついてました。

目標よりは、5分遅れましたが、前回、前々回より格段の進歩をしていました。
次回は30分以内で仕上げよう。

d0162564_2122094.jpg

そのあとは、スパ室で、タカヒロくんにプチスパをしてもらいました。

d0162564_213482.jpg

あ~、極楽極楽。

このスパ室で、シャンプーもしていただけるようになりました。
極上の個室・バックシャンプーでシャンプーをされたい方は、ぜひ「やりたい」とおっしゃってください。
タカヒロくんが担当させていただきますから。

また1か月後に岡村くんのチャレンジは続きます。



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-20 21:04 | こだわり

麺屋なかひらさんの1周年(ちょっと前ですが)

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。



d0162564_1144133.jpg

フェイスブックって便利ですよね。
以前ならこんなチラシを郵送して、リピーターに知らせていたものです。
美容室のような、カルテに住所・氏名がある業種はそうして周年行事などをお知らせして
盛り上げていたものですが、ネットのボタン一つで、こういうものが届くんですものね。

少し前4月11日のことです。

d0162564_12461428.jpg

ピーク時を避けて2時10分ごろお邪魔しましたが、クルマが空いているところは1か所だけでした。
ラッキー♪と思いつつ、店内に入ると、

d0162564_11484966.jpg

なかひらさんの、大きな体と声で、一気にムードが高まります。
スタッフもみんな超元気です。これぞ「ハッピー・スタート」が切れる店ですね。

同行していただいたのは、事務所が真ん前の中越弁理士です。
「ご一緒に行きません?」とFBで誘うと、「行きましょう」と二つ返事で決まりました。

d0162564_1151739.jpg

さて、メニューですね。
以前の来店時は確か、赤味噌のカツラーメンじゃこ天入りを頼んだように記憶しています。

でもこの日は・・・

d0162564_11525864.jpg

1番人気!鰹味噌炙りチャーシュー麺に決まっています。
この日限定、1000円 ⇒ 500円なのですから。

中越さんは、これにチャーハンを付けました。
まだまだ、若いですね。

d0162564_11561928.jpg

とりあえず、「りぐれたね?」で記念写真です。
中越さんは、店には初来店だったようです。

d0162564_11573461.jpg

僕の背中の位置には、Sally’s Bar さんからの1周年お祝い花が届いています。
ふと、横を見てみると・・・

d0162564_11582987.jpg

当のご本人が居て、食べていらっしゃるではありませんか?
サリーさん、チャーハンに餃子の三点セット。
若いって羨ましいねー(笑)

d0162564_121159.jpg

届きましたよ、ランチパスポート価格の超高級ラーメンが。
鰹味噌の香りがなんとも言えません。
そして、でっかく分厚い中平さんのような炙りチャーシューが2枚・・・・。

d0162564_123730.jpg

出されたものは使う主義なので、汁飛び散り防止用の紙エプロンを着用。
中越さん、撮影ありがとうございます。

d0162564_1234487.jpg

いただく。
必然的に、メガネが湯気で曇る。
この自撮りが、。トレードマークになりつつあります。

d0162564_1245621.jpg

これがたまるか、というぐらい味も浸み込んだチャーシューですね。
その上炙ってありますから、トロトロでサクサク。

d0162564_127096.jpg

またまたいただく。
こう見えて、ラーメン食べるのはかなり遅いです。
誰と行っても、まず先に終わることはありません。
猫舌だからというわけでなく、ゆっくり食べる習慣が直らないだけです。

以前はご飯3分、タバコ2分で、休憩終わり、みたいな食べ方していましたけどね。

d0162564_12101231.jpg

サリーさんが帰られた後に座ったのが、この方。
初対面ですが、フェイスブックでやり取りしたことがありますから、
初めてでもすぐ知り合いのような会話になります。

南国高知FC理事長の北代さんです。
J3入りを目指して、シーズンが始まったところです。

d0162564_12124982.jpg

トトロ隊長(中平さん)、史上最速の2店舗目のお知らせに。
1年と2週間で2店舗目?
その調子なら、リグレッタはもう3店舗になっているペースですね(笑)。
次の店は、ヤシィパーク内のようです。
東部の方には朗報ですね。

d0162564_12141673.jpg

食べ杉はいけませんよ、と分りつつ、美味しいスープは行っちゃいます。
夜を控えよう。

d0162564_12153143.jpg

隊長を小さめに撮って「りぐれたね?」いや「美味しかったね?」ポーズです。

遅ればせながら、ご開店1周年おめでとうございます。



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-19 12:18 | ランチ

レセプション高橋カット修業する!?

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。




d0162564_17474324.jpg

少し切らない間に、かなり伸びてしまった岡村くんのヘア。
この日も店長・青木くんがカットの担当です。

d0162564_17485379.jpg

まずは、ブロッキングして、こんな感じにというイメージを作っています。
個人的には、バッサリ切れよ、と思いつつ見ていました。

d0162564_17493626.jpg

おお、バリカンの登場。
長髪が一気に切り落とされると、坊主頭を想像しちゃいますね?

d0162564_17512516.jpg

右側も、いけいけ。
かなり短い、2ブロックカットになっていますよ♪

d0162564_17521889.jpg

直前に2ブロックカツトをしたばかりのタカヒロくんも、興味津々見ています。
どんなになるのかなぁ?って感じですね?

d0162564_17532624.jpg

「うわ、こんなに切ったんだ」とばかり
名残惜しそうに、髪の毛を眺めている岡村くん。

d0162564_17542737.jpg

バックの部分-ネープとも言いますが、のカットになりました。

d0162564_175597.jpg

興味深そうに見ていた、レセプション高橋さんが、やおら店長からバリカンを借り受けて

d0162564_1756362.jpg

岡村くんのバックのバリカン刈りを始めました。
周りからは、「もっと、もっと」とはやし立てられます。

本人も美容師に囲まれて、自分だけシャンプーできない、カットできないのは
辛かったのか、積極的にバリカンを持って、岡村くんのためにカットをしています。

いかにも、楽しそうでしょう?

d0162564_17592226.jpg

普段から、絡みの強い二人ですから、岡村くん冷や冷やしながら
内心「あんまり、切るなよぉ」とばかりな顔をしています。

d0162564_1803045.jpg

切った髪の量はかなり多め。
超2ブロック・カットに決定しました。

d0162564_1821817.jpg

肝心の部分のカットは、さすがに任せられないので、青木店長に交替。
レセプション高橋さんは、興味深げに見つめています。


d0162564_1863815.jpg

帰る間際の彼らの激写。
フラッシュ撮影って、ものすごく悪さしているっぽく写りません?



d0162564_1833643.jpg

翌朝です。
自分で朝ブローしていた岡村くんですが

d0162564_185363.jpg

最後まで面倒見のいい店長、ブローをしてあげていましたよ。

d0162564_1853840.jpg

お蔭様で、すっきりしたスタイルで、朝礼を迎えることができました。
今日も元気に、頑張りましょう。



人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。 なおの応援お願いします。 熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-04-18 18:07 | 徒然なるまま