「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

めったに見ない「夢をみた」

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。



めったに見ない「夢をみた」

d0162564_15395653.jpg


ある朝、正夢のような夢をみて、その夕方にその夢に出てきたことが起こる。

正夢のようなと書いたのは、起こったことが、夢に見たそのままではなかったから。

奇跡のような符合に、自分でも驚いた。

夢はもともと、自分の頭の中にあるものが、希望願望などとないまぜになって

形になってみるものらしい。

夢はあまりにも、具体的過ぎた。

でも、現実はそうではなかった。

d0162564_15441488.jpg


明日から11月、紅葉の季節が、桜の咲くころより、いくらか好きだ。

ひと時の「儚(はかな)さがないから・・・」

散る前に満開になる桜と、燃え盛る色になって燃え尽きて散るモミジ・・・・

太陽に透かして見ると、モミジはとても紅い。掌のように。

d0162564_15473760.jpg


そして夕暮れが早くなる。

5時頃には暗くなり始めて、5時半にはもう真っ暗で寒い。

一瞬の夕焼けが、夏の夕焼けとは違う、儚さを思わせる。

もうすぐ歳を取る、11月が好きだ。




おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-31 15:49 | 徒然なるまま

高知ロケの映画マイベスト10

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。



d0162564_1747850.jpg

先日まで、「高知ロケ映画ポスター展」というのを催してくださっていました。

最終日のもう締まるという30分絵にやっと、行くことができました。

つまり、ポスター展最後のお客です。

d0162564_17494291.jpg

「高知が舞台」ではなく、高知にロケですから、全然知らない映画もありましたが、

「高知の映画」としてまず映画ファンなら思い起こすのが、この「南国土佐を後にして」ですね。

主題歌も大ヒットして、ペギー葉山さんは、名誉県民ですか市民ですか、になっておられますね。


映画ポスター展の最中に訪れた人たちの、ベスト1を集計したところによると・・・・

d0162564_17534481.jpg

こういう順位になったようです。

みなさんは、どう見ますか?

1位、知名度観客数で、断然有利、

2位、やっぱりね。という感じでしょうか?

7位の「祭りの準備が、26票 27票になっているのは、僕が最後の1票を投じたからです。


さて、僕のベスト10を発表します。


【1位】『祭りの準備』

d0162564_1805865.jpg

これについては、思い出が多すぎますし、故・原田芳雄さんの最高傑作と思っていますから。

思い入れについては、「祭りの準備」と原田芳雄さんの思い出   をご覧ください。

【2位】『旅の重さ』

d0162564_18103049.jpg

知っている方も、観ている方も少ない作品でしょう。

少女のお遍路さんの話で、高橋洋子さんや秋吉久美子さんがとても初々しく、

タクロ―のテーマソングがとてもマッチしています。斎藤耕一監督作品です。


【3位】『絵の中のぼくの村』

d0162564_1814724.jpg

高知出身の絵本作家・田島征三、征彦さんの少年時代を描いた珠玉作です。

高知の田舎の風景と風俗がよく描けていたと同時に、

母親役の原田美枝子さんが「演技派」に転身したころの映画です。

水中シーンが記憶に残ります。


【4位】『鬼龍院花子の生涯』

d0162564_18181684.jpg

鬼龍院花子の、主演女優は、夏目雅子さんで、

なめたら、なめたら いかんぜよ 

のセリフで、今でも有名な映画ですが、実は夏目雅子さんは花子を演じたのではありません。

養女の松恵役なんです。夏目雅子さんは。


【5位】『はりまや橋』

d0162564_1824989.jpg

やっと、最近の映画になります。

1992年に1年間外国語指導助手として佐川町に住んだ、アロン・ウルフォーク監督が

長編映画第一作に選んだ題材が、この映画でした。

アフリカ系アメリカ人と、高知の女性との心のつながりがテーマになっていて、感動的な映画でした。



【6位】『MAZE マゼ』

d0162564_18304521.jpg

高知出身の岡田主監督が、デビューに選んだ作品で、手結(てい)が舞台になっています。

俳優・蟹江敬三さんの初主演作です。

土佐弁が上手かった俳優さんベスト3にも入ります。


【7位】『郷 愁』

d0162564_1837796.jpg

「祭の準備」の脚本家・中島丈博さんが、監督デビューした、自家製「祭りの準備」です。

主演には、西川きよしさんの長男くんが演じています。

ポスターが光っているのは、カメラのフラッシュの所為です。中村が舞台です。


【8位】『瀬降り物語』

d0162564_1840185.jpg

この映画は、あまり高知ロケとしても有名でないし、DVDにもなっていないため知名度が薄いでしょう。

主演は、萩原健一さんです。

流浪の民の生活を描くため、差別的観点から、ソフト化されないのだと思います。

東映のスクリーンで観た、藤田弓子さんの熱演出産シーンが忘れられません。


【9位】『刑事物語4 くろしおの詩』

d0162564_18441050.jpg

金八先生でスターになった武田哲矢は自分で脚本を書き、作ったシリーズがこれ。

カンフーブームもあって、木製のハンガーアクションはなかなか迫力ありました。

高知へ赴任してきた片山刑事の活躍を描きます。

浦の内の池の浦(伊勢えびが取れるところ)の小さい道での空撮が印象深いです。


【10位】『土佐の一本釣り』

d0162564_1849764.jpg

ビッグコミックで人気だった、地元の漫画家・青柳雄介さんの原作をもとに、松竹が映画化。

漁師見習いの純平の成長物語ですが、年上の恋人八千代に扮した、

スーちゃん(田中好子)が印象深いです。 

恋人や亭主の安全を祈るために「大事なところを神様に見せて祈る『ちらみせ様』」のシーンが

初々しくて、とても印象に残ります。親方の宍戸錠さんも若かったなぁ・・・。



【次点】『トラック野郎・故郷特急便』
d0162564_1974740.jpg

 
東映が松竹の寅さんに対抗して作った「トラック野郎」の最終10作目。

闘犬や、高知城や、宇佐など、ご当地映画らしいシーンがふんだんに描かれ、

「これぞ、ご当地映画」という作りで、何度見ても飽きません。

他愛ない映画ですが、トラック野郎最終作だけに愛着もひとしおです。

マドンナ役に石川さゆりさん。ライバル役は原田大二郎さんです。





このポスター展での1位と2位を、ニュープリントで上映するという企画の話も

このポスター展の主催代表の方にお聞きしました。実現すると、

「鬼龍院花子の生涯」+「南国土佐を後にして」の2本立てが実現するんですね。

個人的には「祭りの準備」+「旅の重さ」でお願いしたいのですが、無理というものでしょう(笑)。






おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-30 19:00 | 映画マイラブ

独断と偏見の映画評 112

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。

★★★★★・・・なにを置いてもスクリーンへ走ろう ←新設しました
★★★★・・・絶対オススメ 
★★★・・・一見の価値あり
★★・・・悪くはないけれど・・ 
★・・・私は薦めない 
☆・・・おまけ

※本編の内容に触れる個所がありますから、観られていない方は、ご注意ください。



【終の信託】

d0162564_2117680.jpg

映画は大きく2つのパートに分れます。
前半は、不倫の恋に破れ、睡眠薬服毒自殺を演じた女性医師(48=草刈民代)と、
成人喘息が、段々ひどくなっていく60代の男性患者(役所広司)との出会いと、
生きることの意味、生死を託するところまでの信頼を結ぶまでの、恋愛的感情にも近い
関係の形成を、周防監督の今までの、「ユーモア」を一切なくした静かで、東欧のような
色の世界で描いていく前半。アリアの名曲が重要なファクターになります。

後半は、検事に「死を託されたなんて、証拠がない。あんたはひとごろしだ」
という罵声が飛び交う中での、取調室でのドラマです。これも笑い一切なしです。

2時間24分、静かに進みますが、画面にはすごい緊張感が漂っています。
前作「それでもボクはやってない」も検察に対する痛烈な皮肉がありましたが、
まだ笑いがあったり、業界の内幕を描くことで救いがありましたが、
本作では、痛烈に、検事(大沢たかお)と検察の非情さを描き切ります。
長回しのシーンは瞬きできないほどの緊迫感が漂い、芝居なの?と思うシーンもあります。

高齢化社会になっていくにつれ起こりうる問題を、初めて原作物を映画化した周防監督に
応えた、3人の俳優は、どれも日本アカデミー賞級です。

重い映画ですが、ぜひ観て、考えましょう、一緒に。

★★★★+☆



【アイアン・スカイ】

d0162564_21194553.jpg

まさか、高知へ来るとは思ってもいなかった「ありえねー映画」わ見られました。
ポスターでお分かりのように、ドイツ・ナチスが月の裏に隠れて秘密基地を作っていて
アメリカの月面着陸と同時に、再度地球征服に乗り出すという、とんでもSF映画です。

B級テイストは間違いないのですが、使われるSFXはチーフさはなく、一級品に見える代物。
だけど、内容はというと、どうしようもなく、「ありえねー」中味です。

パロディにも、展開にも笑えるところは満載です。
「チャップリンの独裁者」の映画シーンの独裁者ヒンケルが地球儀のバルーンを
もてあそぶ有名なシーンを、「先祖達が作った有名な短編名作」
(そのシーンだけの映画にしている)とパロッてみたりと、挙げればいくつもの
いけるシーンがあるのですが、結局おバカに徹しきれずに、おバカをするものですから
ちょっと物足らなく夏ちゃいました。

でもスクリーンで観られて感謝です。   ★★★



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-29 06:15 | 映画マイラブ

お食事だいせいさんが人気ある理由(わけ)

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。




d0162564_1333489.jpg

月2回ぐらい行く、お食事だいせいさん。

この日は、義母(妻の母)を連れて行っていました。

d0162564_134017.jpg

初めての義母は、この陳列に驚いていました。

まるで、良心市のようだと・・・。

d0162564_1344866.jpg

13時半頃、ビジネス客や、おしゃべりとランチを楽しむ女性、大きなカバンを引っ張る旅行客、

いろんなお客様で、今日も大盛況。

ひとつめの「だいせい」は、大盛況の「だいせい」さん。

d0162564_1364686.jpg

僕は、おうどん+野菜ご飯の、お得セットが食べたかったのです。

で、野菜ご飯の内容を聞くと、あっと驚き!四方竹を炒めたご飯というじゃないですか?

実は、僕が 最高に苦手でダメ といえるもの=破竹タケノコ なんです。

茹で方、料理の仕方次第ではありますが、あの噛んだ音がたまらないのです。

ほぼ唯一といっていい「食べられないもの」なんです。今日に限って・・・

でも、店員さんは、それを聞いてにこやかに、では「かわりご飯セットというのもありますよ」と

提案してくださいました。

そして、「今日は写真撮らなくていいですか?」と。

いつも誰か連れてきては、フェイスブック用に撮ってもらっているのを覚えてくれているんですね。

この日は「ありがとう、また今度お願いします」といいました。

d0162564_1314116.jpg

結局、きつねうどん大盛りにしました。

ご存じのように、大盛り無料のだいせいさん。

d0162564_13165986.jpg

この写真の通り、だいせい=大盛 なんですね。

ふたつめの「だいせい」。

d0162564_13181852.jpg

ラーメンでもうどんでも、盛大に水を飲むのが好きな僕のために、

「置いておきますね」とピッチャーごと置いて行ってくれました。

これは、「すみません、お水を・・・」と何回も言わなくていいので助かります。

d0162564_13211435.jpg

特製の七味もなんどもかけて・・・

d0162564_13214816.jpg

このフレンドリーかつ、お客の立場に立った接客をしてくれた彼女を追いましたが、

なかなか上手く撮れません。

ですから、レジするタイミングを狙って「写真撮らせてください」と断って撮らせていただきました。

d0162564_1324332.jpg

「また、来(き)とうせ~」

といわれんでも、また来るし、人にも紹介したい店になるのでした。

だいせいさんの、ホントの文字は、大清 なんです。

みっつの「だいせい」 は、「とても清々しい」、と。

大清 なんですね。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-28 07:03 | しょーもない気づき

大阪丸ビルバス停から、環状線まで6分で行く方法

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。



今年何回か、大阪へ行くうちに、飛行機―丸ビル―JR環状線の最短コースを見つけました。

d0162564_16462361.jpg

バスが着いて降りますね。

すぐに横断歩道を北にわたって、近道にします。

d0162564_16473236.jpg

大阪駅正面まで、ふつうに1分。

信号が変わったら、一直線ですよ。

d0162564_16485772.jpg

中へ入らず、一番外から近いエスカレーターの登りに入ります。

d0162564_16494076.jpg

1フロア上がったら、徒歩で向こうの階段を目指してください。

d0162564_16502223.jpg

階段の右側にまたエスカレーターがあります。

それに乗ります。

d0162564_16514624.jpg

3階に上がると正面に、こんな柱が見えます。

気にせず、直進してください。

d0162564_16522124.jpg

するとまた、エスカレーターがあります。

短いので、徒歩でもいいですよ。

d0162564_1653391.jpg

4階まで上がったもうそこは、1番乗り場、2番乗り場へ降りるエスカレーターが右に見えます。

d0162564_16542645.jpg

少しまっすぐ歩いて・・・・

d0162564_1655649.jpg

JRの切符を買いましょう。

ICOCAを持っている人は、素通りいたしましょう。

ICOCAの普及で、並んでいる人はほぼいなくなりしたね。

d0162564_1742955.jpg

一番右の改札を通る・・・

d0162564_1744260.jpg

いつの間にやら各ホームに通じるフロアに出ちゃいます。

d0162564_1752630.jpg

右へ曲がると、1~4番乗り場です。

山陽線下りと、福知山・宝塚・山陰線方面ですね。

d0162564_1782898.jpg

そしていよいよ、環状線乗り場の1、2番です。

d0162564_1791838.jpg

ここら辺がほぼ8両編成の真ん中ですから、左右どちらに降りてもいいのですが、

今日は右を選びました。

ご覧ください。目の前がさっき通っていた4階の通路なんです。

d0162564_17101152.jpg

その理由は、2段階エスカレーターだから。

一回下って、水平になりまた下るという、長さと傾斜と天井を考えた作りになっています。

d0162564_17121496.jpg

ここまで来ると、大阪って感じしますね。

プラットホームに人があふれています。

d0162564_17124023.jpg

2番ホームは環状線外回り(時計回り)です。

こっちは心配ないのですが、1番線の内回りは、奈良方面へ行く大和路快速や、

ユニバーサル行きなどが入りますから、乗るときにご注意。

d0162564_17153930.jpg

こちらはほぼ「天王寺」行きです。といっても、ぐるぐる回っているものがほとんどですが。

d0162564_17172593.jpg

大阪で、ど~んと降りちゃいますから、まずは座れます。

d0162564_17182275.jpg

出発進行~。

この間、丸ビルでバスを降りてから、ジャスト6分でした。

走ったわけでもなく、信号にかからなかったのもありますが、中央口へ行くのと比べて早い早い。

d0162564_17201599.jpg

加速して、大阪の街の高架を走ります。

d0162564_17205069.jpg

次は、「天満~」



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-27 06:44 | しょーもない気づき

秋のDe’kai であい博 2012

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。




d0162564_11345113.jpg

のっけから、おどろくような写真ですみません。

秋のDe’kai であい博(名刺交換&大交流会)  2012 が開かれました。

d0162564_11352924.jpg

会場は高知城ホールの4階です。19時半からと確かに書いてあるんですが、

d0162564_11362456.jpg

19時~と勝手に思い込んでいた僕が定刻前に着いた時は、

役員さん以外誰も来ていませんでした。

仕方なく、うつべきメールを何本かやっているうちに、集まってきて、やおら

d0162564_1138669.jpg

たまちゃんのフルート演奏でムードが盛り上がります。

d0162564_11385782.jpg

そして、この会の趣旨の説明が画像であり、

出、会。出会い会、でっかい会という趣旨が飲み込めてきました。

唯一、同年代の・・・というところが、引っかかりましたが、だいたい40歳が中心帯のようです、ね。

d0162564_11412354.jpg

快調のあいさつに続いて、「かんぱ~い」

d0162564_11421633.jpg

20分後に自己紹介開始とアナウンスが入りましたので、

懸命に食べようとしていると、5分もたたないうちに、ご挨拶部隊が到着です。

「景福宮」の門田店長と、最近独立オープンされたばかりの、ちえらさんです。

d0162564_11451985.jpg

これは、青影の「がってん、がってん、しょ~ち」の変形なのでしょうか?

若い人には、分らない(でしょう?)ギャグでした。

d0162564_11461971.jpg

80人全員の自己紹介が始まりました。

寿し柳の、久美代さん。その前の晩もご一緒でしたね。

これからの望年会シーズン、忙しくなりそうですね。

d0162564_11482470.jpg

5019マキちゃん。

これまた2晩続きの、お出まし。こちらも忙しいシーズンへ突入ですね。

d0162564_11492973.jpg

その前の晩の同友会は、基本経営者または後継者・幹部なんですが、

この会は若いし、一業種1社らしいので、いろんなメンバーが集まっていらっしゃる。

左官さんも、公立高校の先生も、大企業の高知支店の社員さんも、彼女のようにモデルさんも。

d0162564_11515094.jpg

たま~にリグレッタのお客様で、いつもFBで遊んでくださっているジュブリエ友子さんも

動画撮影に一生懸命です。何を撮っているのかというと・・・・

d0162564_1153257.jpg

あっと驚きの、ベリー・ベリーダンスでした。

くびれに見とれる間もなく、すごい体の動きには男では無理だろうと思ってしまいました。

ヒップがないとムリですね。

d0162564_11545953.jpg

大詰めは、大物ゲストの登場です。

大歌手なのに、張り上げる部分の声が体調不良でか

上手く出ずに、逆にそれが笑いを取れてしまいました。

d0162564_11564084.jpg

名刺交換会ですから、知っている人ばかりとしゃべっていても行けません。

muku48の藤原ゆきえさんと、ラウンジ・アメティストの岡村加奈子さん、

無理矢理「りぐれたね?」をさせてしまいました。

名刺交換会ですから、たくさんがんばって知り合いを作らないと・・・・

d0162564_12211798.jpg

こども服通販のcutie smile の竹内郁(あや)さん、と AneCanドクモ(読者モデル)の西森亜珠佐さん。

d0162564_12244449.jpg

いただけた名刺は、22枚。

左下にご注目。

d0162564_12255512.jpg

亜珠佐さんの、手書き名刺なんです。

この気合、懸命さを見よ、というところです。

d0162564_12265912.jpg

麺屋なかひらさんのトトロ隊長と、亜珠佐さんの、変顔マッチ。

撮りながらも、「りぐれたね?」をしてくださっているのが、なんともうれしいではありませんか。


ひんなこんなで、あっという間の2時間半でした。

主催の方々に、楽しい時間と出会いを作っていただいたことに感謝申し上げます。


※名刺交換としゃべるのと、飲み食いするのとで、
       写真が偏ってしまいましたこと、お詫び申し上げます。


おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-26 12:31 | 徒然なるまま

新商品開発プロジェクト「チャンプ―」

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。



d0162564_12401994.jpg

近頃こんなシャンプー・ブラシがブームになりつつあるのは、ご存知ですか?

d0162564_1241556.jpg

これを両手にはめて、シャンプーのマッサージをするという新技に挑戦です。

d0162564_12415658.jpg

さて、シャンプーの準備は完了です。

やってくれる、開発プロジェクトの部長(部下なし)は、タカヒロくんです。

d0162564_1243530.jpg

まず、普通に予洗をします。ここは手でやりますね。

d0162564_1244563.jpg

泡立てした後、片手だけでやってみましたが、左右のバランスが悪いので

両手にしてみると、「これがいい」んです。

セルフ撮影なもので、目が半開きでごめんなさいね。

d0162564_12453935.jpg

ネープ(襟元)なんは、異次元の快感がありましたよ。

これだけは体感していただかないと、表現できません。

d0162564_12475273.jpg

流すときも、使ってみたらお湯がよく通ることがわかりました。

まだ練習は必要ですけどね。

d0162564_12491810.jpg

そして最後のトリートメントの時、このツボ押しにもまたいいんです。

d0162564_1250497.jpg

このシャンプーブラシのカタチをよくご覧ください。

①真ん中にシリコンの適度な柔らかさ(逆に適度な堅さ)が頭のツボ押しに最適。
②1本突起と先が二つに割れている2本突起で、タッチを変え、毛のもつれも防ぐ。
③突起のシリコン自体が、頭皮に届き、ちょうどベストな頭皮掃除をしてくれます。

こんな特徴があるんですね。


d0162564_13164115.jpg

シャンプーはこれ。Re:>>>シャンプー。

そして、トリートメントは、Re:>>>エミサリー・トリートメント。

(便宜上、ミニサイズを撮影しています、ご注意を。お試しサイズ750円~です)

d0162564_12543129.jpg

シャンプーが上がった時、ついこんな顔になっちゃいましたよ。

d0162564_1257461.jpg

ドライヤーでドライしただけで、立つ、立つ。根元から毛が立ちます。

決して多くない僕でも、ワックスなしでこんなに立ち上がります。


名付けて、「チャンプ―」。

可愛くつけた名前なのではありません。

シャンプーの語源は「ヒンディー語」の「チャンプ―」なんだそうです。

【チャンプー】(シャンプー)の語源は、【ヒンディー語】で【押す】です(^^)  
・・・アジュバン岡山営業所長・森内さんに教えていただきました。


d0162564_13181125.jpg

現在、新商品化目指してタカヒロ部長が奮闘中。

近くお客様の中から、モニター募集いたします。お楽しみに、ご期待ください。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  何位に居るか、ポチッで覗いてみてね。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-25 13:20 | こだわり

高知県中小企業家同友会26周年記念例会

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ



d0162564_139449.jpg

高知県中小企業家同友会の例会です。

この日は、広島の代表理事を務められている、立石社長の「いこる」経営のお話です。

d0162564_13113461.jpg

今日は、座長に大谷さん、室長に松村さんということは、西部支部の設営なんだ。

3つの支部が順番に、例会を作り上げていく自主・民主・連帯の会です。

ですから、進行も受け付けも、全部自分たちでやるという会です。

d0162564_1317799.jpg

この日は設立26周年記念講演会だけあって、たくさんのオブザーバーの方たちに

お越しいただいています。22人さんでしたっけ・・・。

FB友達の、廣末さんです。

d0162564_1319238.jpg

加藤代表理事のご挨拶。

いつもながら、見事です。

d0162564_13201441.jpg

早速始まりました。

いつもは60分ですが、少し長い75分を設定しています。

「いこる」経営とは、いかなるものなのか?

d0162564_1321153.jpg

タテイシ広美社さんの、経営理念。

中味を拝見しましたが実にユニークです。

何がって、一人一人の社員のページがあって、夢をかなえるためのステップが判るようになっているんです。

d0162564_13233637.jpg

いつもよりテーブル多め、聴衆も多め。

そして、熱心。

d0162564_13244575.jpg

笑いあり、ドラマあり、失敗ありの経営ドラマは立石社長のポジティブな

名調子で、あっという間に80分間が過ぎてしまいました。

d0162564_13253912.jpg

このあとグループ討論60分。

記念例会らしくたっぷり目に取ってくださっています。

うちは2テーブル。僕はグループ長なんです。

d0162564_1327630.jpg

テーマは「社内を『いこる』経営するためには?」なんです。

「いこる」というのは、備後(広島東部)の方言で、炭火が熾(おこ)る、の意味らしいです。

ぼうぼうと炎を立てて燃え坂っている意味ではなく、種火がいつも付いていて

上に物を載せたら、いつでも火力を増すための準備が出来ているというニュアンスの意味です。

各社の「いこり度」「いこらせ方」等々お話しました。

d0162564_13325313.jpg

同友会らしいのは、それを報告者にもフィードバックすること。

そして他テーブルでの、学びを共有すること。

リーブル・坂本さんの感想・報告。

d0162564_13341545.jpg

ケンシヨー町田さんの感想・報告。

d0162564_13352810.jpg

そして、西山さんの軽やかな話芸の感想・報告。

d0162564_13371178.jpg

う~む。しゃべるのが楽しくて仕方ないという乗り乗りです。

d0162564_13373974.jpg

各テーブルからの質問に対しての応答です。

ここに至ると、多くの報告者が物凄くリラックスして本音トークを披露してくださいます。

d0162564_13384450.jpg

人間味あふれる、経営の体験ご披露、そして「いこる」という言葉を高知に残してくださった

立石社長、ありがとうございました。

d0162564_13402067.jpg

社員も、お客様も、情報も、仕事も、「いこる」ところに集まるんですって。

リグレッタも「いこっちゅう」チームになろうと思ったことでした。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-24 13:42 | 学びの人生

10月22日月曜日

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ


記憶によれば、37年前に原付免許を取ったのがこの日なんです。

免許証で確かめたら、間違いなくそうでした。

d0162564_16585998.jpg

誰だ、助手席へ乗り込むのは?

d0162564_16591571.jpg

後ろの席には、千夏さんじゃないですか。

d0162564_16594944.jpg

たどり着いたは、メイン・ディーラーのひがきさんです。

d0162564_1704219.jpg

最前列で勉強会です。

最前列は、緊張感あっていいうえに、前に頭がないから見やすいですよ。

d0162564_1713784.jpg

司会は、よくブログにも出てくるお顔。

そう、川田部長ですね、僕のカメラにやや緊張気味でした。
(本人談)

d0162564_1735196.jpg

勉強会のテーマはこれ。

リグレッタは大きい美容室じゃないのか、と突っ込まれそうですが、

図体はデカくつても、中味や個々はまだまだ、小さい店ですという意味で、学びに来たのです。

d0162564_1751676.jpg

講師の松井竜馬さん。

本名じゃありません。ペンネームみたいなものです。

d0162564_1755252.jpg

2時間があっという間でした。

本を前の晩読んであったので、余計に入りやすかったんでしょうが、たくさんのものをいただけました。

d0162564_177660.jpg

帰り道、ランチミーティングとばかり、桂飯店へ。

d0162564_1773995.jpg

3人そろって、ニラホタテラーメン。いただきま~す。

d0162564_1784818.jpg

「いただきます」をしながら、自撮りしたら、オカマっぽくなっちゃった。(笑)

d0162564_1795782.jpg

同じものなのに、この食べる速度の違いは?

d0162564_17102869.jpg

サインしてもらった本を見ながら食べていたわけではありません。

d0162564_1711249.jpg

ふたりと別れて、TOHOシネマズへ。

目標は一つ。

d0162564_17114475.jpg

世紀の珍名作SFという、評判の高い「アイアン・スカイ」

高知へ来るのはあきらめていた作品だけに、歓喜して見にいきました。

d0162564_1712586.jpg

ついでに、ジャスコでお買い物。

月曜日はよく買い物はします。

d0162564_17133990.jpg

え゛っ、いつも158円の「ひまわりコーヒー」が98円、3つゲット。

d0162564_17143239.jpg

そして、カップヌードルコーナー。

5種類もあるんだ、現役ヌードルは・・・。

そんなこんなで、よき休日でしたよ、10月22日月曜日。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


あなたの、その「ひとポチ」が、励みです。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-23 17:16 | 学びの人生

独断と偏見の映画評 111

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。

★★★★★・・・なにを置いてもスクリーンへ走ろう ←新設しました
★★★★・・・絶対オススメ 
★★★・・・一見の価値あり
★★・・・悪くはないけれど・・ 
★・・・私は薦めない 
☆・・・おまけ

※本編の内容に触れる個所がありますから、観られていない方は、ご注意ください。



この連載も、111回目のぞろ目を迎えました。ありがとうございます。


【推理作家ポー 最期の5日間】

d0162564_20425985.jpg

推理小説の祖、エドガー・アラン・ポーは1840年ころにイギリスで活躍した作家で
「モルグ街の殺人」「黄金虫」「大鴉の館」などが有名で、映画化もよくされています。

乱歩賞の元になった、江戸川乱歩さんが、彼から日本の推理小説の祖となるため
ペンネームを撮ったという話は有名過ぎるほどです。

ポーの周りで、自分の書いた小説と同じシチュエーションで猟奇殺人事件が起こりだします。
その事件の真犯人を追い詰めていくさなかで、交錯するポーの苦悩と人生。

息もつかせぬ展開で、見事にラストまで引っ張っていく脚本とジョン・キューザック(ポー役)の
演技には、観れるばかりで、期待にたがわぬエンディングまでぐいぐい引っ張ってくれます。

サスペンスフルなミステリーでは近頃出色の出来でしたよ。 ★★★★


【ツナグ】

d0162564_20433137.jpg

129分が、正直長かったです。

5つぐらいのエピソードが出てきます。
死者ともう一度会いたい、会って「言いたかったこと・聞きたかったこと」を話せる「ツナグ」の役割。

原作の連作小説を、きっとぶつぶつに切って映画化したものだから
まず、ツナグという設定自体が、当たり前なものとして出てくるので、最初から違和感だらけで進みます。

演技派の樹木希林さんが、ツナグ役なので、救われていますが、映画としては
最初から、破たんしていますね。つまり「映画という虚構の世界の中で、虚構を描いています」
という居直りが感じられずに、変に感動仕上げに持って行くので、鼻についてしまいます。

きっと原作はすごいんだろうと想像しつつ、原作小説の映画か失敗作の展性的なものになりました。

これから観る方ごめんなさいね。でも、普通に見れば感動できますよ、独断ですから・・・

★★



【最強のふたり】

d0162564_2193241.jpg

今まで見たフランス映画の中では、5本に入るであろう出来で、
すこぶる楽しく、シニカルで、ハッピーになれる映画です。

フランス人の1/3もが見たんですって。
日本ではそういうのあり得ないですね。

第一、大富豪の白人とその日暮らしの黒人という構図が日本にはあり得ないわけで
こういう映画のツボをとらえるのは、日本の映画では難しいんでしょうね。

パラグライダーで全身マヒになってしまった大富豪と、そのお世話係に「失業保険目当て」で
応募した品もなく、家庭も崩壊している巨漢の黒人。

今までほとんどの人が続かいなった激務だったためか、なにか閃いたのか
大富豪は「1か月の試用期間」と合格を出してしまいます。

そこからの、カルチャーギャップのずれの面白さ、
障害を笑い飛ばす、パワフルなギャグの連発に、つい暗く深刻になりそうな題材を見事に
明るく仕上げています。

物語の構成がいいですね。
ファーストシーンでは、黒人が運転する車のスピード違反の追跡を
ふたりでかわす「最強ぶり」を見せつけ、そこから回想に入ります。

そして、別れ、そして再会。

しかしこのタイトルは素晴らしい。昔フランス映画に「暗黒街のふたり」といういい作品もありましたが・・・。

★★★★+☆




おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2012-10-22 06:40 | 映画マイラブ