カテゴリ:活字かつじ中毒( 49 )

あれこれ、よん読 1

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

【テルちゃん】   心にしみる物語

d0162564_12145450.jpg直木賞受賞作家の本と比べて、芥川賞受賞作家の本は一般読みにくい。
文章と文章の行間に存在させている言葉を読み取ることが必要だからだ。

でも、この「テルちゃん」に関してはそういうところが少なかった。
エンタティンメントでない小説は、日常を振り返らざるを得ない現実直視感と、ぎゃくにリアリティある日常をどうとらえ楽しむのかという命題を突きつけられるような気がします。

フィリピンから来たテルちゃんこと、28歳のエテルさんは、文庫の帯にあるように「この国にこんなやさしい人がいるのだろうか?」という惹句にもおとらない
「満月みたいなまあるい心のフィリピン女性の物語」

夫は50代ですでに亡くなった。
そして北の町で生きていくテルちゃんとその家族のささやかな物語。

3章からなる、連作というより区切りの各章に「ぶわん」「ばろっと」と
フィリピン語を配したて第3章も「おぼん」と来たから、
どういう意味だろうと楽しみにしていたらなくなった義母の「お盆」のことだった。

テルちゃんにとっては「おぼん」なんだね、初めての。

各章に挿入される「昔話」の挿入がテルちゃんの日本観に影響しているのも、楽しく読めます。


【きらめく星座】    井上戯曲を堪能

d0162564_12155768.jpg新聞社に勤める知人から教えていただいた。
故・井上ひさしさんの戯曲の3本指に入るものだからと推薦を受け中古本しかなかったのでネットで購入してみた。

戦時中、東京のオデオン堂というレコード屋の家族の物語。
すべてが敗戦色濃い日本の「旗日」に起こることばかり。

登場人物に、戦争に対する立ち位置をうまく配分し、日々悪くなる戦況の中で、くらしている庶民のささやかな希望を当時の歌でつづる仕掛けは、ぜひ舞台を観てみたくなる仕掛けになっています。

毎回毎回出てくる、軍隊から逃げ出した息子が身をひそめるために隠れ家を報告しにくる内容が、当時はそういう隠れ家があったのかと気づくと同時にあまりにユーモラスで楽しい。

軍人も、医師も、商店主も、音楽家も、みんなそれぞれの立場で、
行きながら支え合っているこのアンサンブルが見事な戯曲でした。

戦時のころの旧仮名づかひが、とてもうれしく、敬遠してゐた
書き方がこれだけぴつたりと、あてはまつた作品もまれであらうとおもつた。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-06-25 12:16 | 活字かつじ中毒

誤用していませんか?

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ちょっとだけ、日本語にこだわる僕としては、氾濫している「バイト敬語」はもちろん
敬語の間違いや、慣用的な言葉の誤用がとても気になります。


中でも100人中90人以上が誤用しているだろう

「的をえた意見」 というのがあります。

日常的に誤用の乱用されていて、訂正しても、「ええやんか、みんな使っているし」と、
片付けられそうな言葉なので、気の置けない人(これも間違わないでね)だけにしか指摘しません。

的は射るものであり、えるのは「当」なんです。

的を射た意見、当をえた感想、のように使うのが正解です。



そんな誤用しやすい、または誤解だらけの言葉をまとめた本がこれ。

d0162564_114425100.jpg

タイトル買いすると、たいてい失望します。
タイトルは完全にミスです。

「間違いやすい日本語事典-知らないと恥をかく誤用ことば-」な方が
売れる売れないは別にして、中身を正確に表しています。

この「デキる人は『喋り』が凄い-勝つ言葉、負ける言葉」だと
ビジネスでの言葉で、差をつけ売れる売れないのハウツー本みたいです。

でも、中身はというと・・・・・・



【とんでもございません】
「とんでもない」で一語なのに、それを省略したら意味が通じません。
だから「とんでもないです」なら正解ですが、丁寧に言おうとすると
「とんでもないことでございます」が正解ということになります。(P.52より)

【話のさわりだけでも・・・】
「ベストセラー本」を読んでいて、「まださわりしか読んでないから・・・」と聞いたとしたら
「え、ちょっと読んで、しょっぱなから『最も面白いところ』を書いてあるのか?」という
あり得ない本のことを表すんです。

「さわり」は、「プロローグ」のことではありません。
曲にイントロがありますが、「さわり」はイントロのことではなくて
「さび」といわれる部分のことなんです。
映画や小説だったら、盛り上がるところ、クライマックスと言うあたりのことなんです。 
ですから、ミステリーのさわりを聞いてしまったら、もう終わりですね。

「初めの部分」ということではなく「一番盛り上がる部分」のことを言うのです。(P.42)

【弱冠23歳にして世界一に・・・】
弱冠は「若冠」と書くこともありますが、もとは弱なんです。
弱とは、古代中国の二十才の元服=成人のことを表します。
そのことから、二十歳以下の人が、弱冠〇〇歳にして、といういい方が始まりましたが
原則二十才までを弱冠と言っていいのです。

「弱冠二十五歳にして、こうして選挙に立たせていただくのは・・・」のは間違い。
若輩者というのも、本来は「あなた様より若造ですが」という意味ではなく
「まだ二十才にも満たぬ若造ですが」というのが本来の意味なんです。

ですから、そういう言い方をしたければ
「まだ二十三歳という若造(世間知らず)ではございますが」といえばいいんでしょうね。(P.116)


【耳ざわりがいい】
この言葉を漢字で表記すると、すぐにわかっていただけると思います。

「耳障り」なんです。「耳触り」ではありません。
触って気持ちのいい耳ならば、耳触りでもいいんですよ。

後者なら問題はないのですが、前者ということは「耳に障る音」という意味で
もう「騒音」なんです。だから、それが良い訳がありません。

言うならば「耳に心地いい」「聞こえよい」という表現の方が、聞きやすいですね。(P.16)

【小春日和は春ではない】
小春日和というと、春先のあたたかい日というイメージがありますが、本来は
「冬のはじめの頃のぽかぽかあたたかい天気」という意味です。

「小春」は陰暦の十月を指す言葉で、陰暦では十、十一、十二月が冬でした。
「五月晴れ」の今の五月のことではなく、梅雨の合間の晴れ間のことですから
六月のことなんですね。(P.20)


このシリーズ、気に入った方がいらっしゃいましたら、
「デキる人は敬語でキメる」
「デキる人は説明力をこう磨く」
「デキる上司は褒め方が凄い」

と、続編がありますが、全般的にタイトルと内容が合致していません。

ただ、うんちくが好きな方には、いろいろ気づいて面白い本かもしれません。
つまり、僕には面白かったです。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-06-17 12:40 | 活字かつじ中毒

古代文字の面白さ

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

d0162564_782952.jpg

昨日ご紹介した、ラーメン店「樂」という文字。

この看板の文字は、当然「樂」とは違いますから、パソコンの変換では出てきません。

これが、古代文字だからです。

d0162564_7132441.jpg

古代文字について書かれた「漢字の気持ち」(新潮文庫・380円)

は、なかなか面白い本でした。

d0162564_7145428.jpg

最初の「樂」という時の看板文字になんとなく似ていませんか?

この文字は「響」という字の古代文字形です。

よ~く見たら、そんなに見えてくるでしょう。

「食卓を囲んで、人と人の心が響き合う」という意味が込められた文字です。

d0162564_7151193.jpg

さて、この文字はわかりますか?

そう「絆」という文字ですね。

現代ではいい意味に使われることがほとんどで、きっと漢字一文字人気ベスト10を

やったら、上位に来る文字ではないかと思いますが、本来の意味は

半が、いけにえの牛を真ん中で半分に分けること。それに糸を加えることで

「絆」という字は半分にしたものを糸でぐるぐる巻いて絡めることを意味します。

そこから「義理・人情などのようにどうにも断ちがたいもの」とか

「人の気持ちを束縛する」といった意味合いを表しています。

ですから、常にほだされてずるずると関係を続けてしまうという、

あまり良くない意味も、含まれているということなんです。

半と絆の、半の上のちょんちょんの向きが違うのは、牛を二つに分ける、分けるの

意味が上の八の部分に含まれていると聞くと、納得もいきます。

別読みで「ほだし」とも読むこの字、「きずな」とはコインの表裏のような関係を

両方表すのが、もともとの意味だったようです。

d0162564_7152348.jpg

続いて、この文字は「医」の旧字形「醫」のもとです。

今でも、古い医院の看板に「醫院」という文字を見ることがあります。

組み立てを解くと、箱の中に居る悪霊を祓う矢を投げる行為を意味する酒や薬草

という意味があるのですね。

こうして、意味を一つ一つ重ねていくのが古代文字の特徴で、同じ「医」の元字には

「毉」という文字もあります。昔の医は、呪術だったこともわかります。

d0162564_7153833.jpg

これは「経済」の「経」ですね。

経済のもとは「経国済民」で、その略語なんですが、儒教発想のものから

いわれている言葉で「まず自分の身を修め、次に家庭を平和にし、その後に国を治め

そして天下を安んじなければならない」という意味なのです。

そういう意味では、今の日本の政治や経済は誰のためのものなのでしょうか。

d0162564_7155069.jpg

さいごは、これ。漫画みたいでしょ。

「喜」という文字です。

神に祈るとき、太鼓を打って歌って舞い神をよろこばすという意味が

文字の形を見ているだけで、想像できるではありませんか。



さて、最初の「樂」という文字ですよね。

僕が想像するのに、人と人が向かい合って、団子のようなものを火にかけて

焼きながら向かい合って、徳利のようなものに酒を入れて酌み交わし

楽しく食べるというような感じが浮かび上がってきませんか。


日曜の朝から、薀蓄(うんちく)を傾けてしまいました。


おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-06-05 08:00 | 活字かつじ中毒

読書日記 2011.05.31

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

5月も今日で終わりですが、天気も良く元気にやっていきましょう。

5月は「10冊一気読み」の半数以上が終了し、何冊かご紹介したい本がありました。

本の場合は、映画よりも当然選択肢が多いのでジャンルが偏ることはご了承ください。

『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実
d0162564_959434.jpg

あのころはこどもが小さかったせいか、明徳が甲子園で試合をしているときは、
いつも旅行中で、なぜか車の中のラジオで中継を聞いていました。

この試合の時は小豆島を旅行していて、ラジオの中継でアナウンサーが
「またも敬遠か、松井。ランナーなしでも敬遠!!」
解説者は「勝負してほしいですねぇ。これでは松井君もかわいそうですよ」
というような実況を聞いた記憶があります。

結果5打席全部敬遠。そして試合では星陵のほかの選手が打てず
明徳義塾に敗戦という結果に、日本中が明徳を悪者にしたり、
高校野球とは何か、という論議を醸し出したりという社会問題になった試合でした。

それから10年。明徳は悲願の夏の甲子園優勝を遂げました。
そこから、著者・中村計さんのインタビューの旅が始まります。

一つのことから、これだけのものの見方が出来、関係者に及ぼした
その後の人生にまで踏み込んだルポは珍しいと思います。

明徳の馬渕監督とは、写真を撮ってもらったこともある関係から興味津々で読み進めました。

答えはない。高校野球は勝負なのか、高校生教育なのか、永遠に・・・。

読み応え抜群。新潮文庫から500円。


『人生はすべてスクリーンから学んだ』
d0162564_1221173.jpg

人気漫画家・弘兼憲史さんの映画エッセイ。

いや、エッセイというより、偏愛映画について語ったというべき代物。

取り上げられた映画は、ほとんど有名なものばかりで、
「アラビアのロレンス」「ゴッドファーザー」「ローマの休日」「2001年宇宙の旅」
「明日に向って撃て!」「男と女」「ディア・ハンター」「卒業」「未知との遭遇」
「エクソシスト」「砲艦サンパブロ」「ガープの世界」「戦場にかける橋」「危険な情事」
「シャイニング」「荒野の七人」「ロシアより愛をこめて」「アパートの鍵貸します」
「夜の大捜査線」「シンドラーのリスト」と続きます。

長い映画好きなら、全部見ているという人もいるでしょう。
僕も17本見ています。

1本1本に、どう影響されたか。場合によってはあの映画のこのシーンを
「この漫画で使わせてもらった」とシーンを引用して語っているところもあります。

名作ばかりですが、好みや見方がとても僕と似ているので一気に行ってしまった本です。

巻末に、各映画についての弘兼解説がついているのも、面白い。

続編を読みたい読者は僕だけではないはず。

小学館文庫から、560円。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-31 12:30 | 活字かつじ中毒

うれしい 送り物

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

会社に出たら、ミーティング用のデスクの上に、送り物がありました。

d0162564_946762.jpg

あれ、意外に早かったじゃん。

いつも「お届けまでに3か月程度かかります」と書いてあるのに

毎回1か月前後で届きます。

d0162564_9472383.jpg

Yonda? は新潮文庫のキャラクター・パンダみたいなYondaくんのこと。

文庫本が大好きで、動物園でもずっと読書をしているパンダなのです。

d0162564_9491657.jpg

新潮文庫のカバー裏にある三角の応募券を20枚集めて送るとこれをくれます。

抽選ではなく、全員にくれます。

d0162564_9505374.jpg

どんな色と絵柄のが来るかは「お楽しみ」なのです。

あれれ、Yondaくんがいないぞ。

d0162564_9522424.jpg

ぐるりと回すと、居ました、居ました。

黄色い方に。

動物園みんなが、文庫本を読んでいます。

そういえば、本をいろいろ読んだのに、感想をブログにアップするのを忘れていました。


おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-26 09:55 | 活字かつじ中毒

新潮文庫の背表紙の色

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

一番好きなのは、新潮文庫です。


何しろ、中・高校生のころの愛読書と言えば「新潮文庫総目録」「角川文庫総目録」

だったのですから、家に文庫が6~7000冊あるというのも頷けるでしょう。

(ふつう頷けないか・・・。全部読んでいるわけではないですから。)

高校時代の終わりに、これに「講談社文庫総目録」が加わりました。

目録を読むことで、どんな作家がどんな本を書いているのか、

3行のあらましを読むだけで、本の中の旅をしていたころが懐かしいです。

d0162564_1552610.jpg

中でも新潮文庫がいちばん好きなわけは・・・

① なんてったって、豊富な作家とジャンル

② 発行部数が多く、安価で、手に入りやすい

③ 装丁・仕様が好き


というような理由があります。

特に③の部分では、作家別の背表紙の色わけを取り入れたのが、一番早かったはずです。

古くからのファンなら、

夏目漱石の えび茶色   芥川龍之介の グレー

三島由紀夫の オレンジ   川端康成の 紺色  

有吉佐和子の 黄緑  「赤毛のアン」シリーズの赤とか

なぜか、大江健三郎氏は 白でした。



白と言えば、実はどの作家も1冊目は「白」なんです。

2冊目から、本人が色を選べるのだそうです。

となり合わせで並ぶ作家の色とかぶるわけには行けないですが

基本的に本人の要望通りになるようです。


そういうところで、上の写真を見てください。

左三冊は、1冊目なんです。背表紙に〇-数字-1となっているのは

頭文字が〇の作家の、何人目で、1冊目という意味なのです。


真保裕一さんが、「2冊目が出た時に色が選べたのがうれしかった」 

というようなコメントを寄せていたのを思い出します。

エッセイや、ノンフィクションのこの「1冊限り」の本がけっこう好きです。

いつも読んでいる本の中に、新潮の白背表紙が何冊か入っています。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-10 15:20 | 活字かつじ中毒

一度に10冊読む

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

d0162564_11155250.jpg

のっけから驚かせるかもしれませんが、

上の写真は、現在僕が「読んでいる本」です。いや「本たち」です。

実はこれ以外にも、3冊読んでいます。

「漢字の気持ち」・・・新潮文庫

「きらめく星座」・・・井上ひさしさんの舞台劇の戯曲

「テルちゃん」・・・フィリピンからお嫁さんに来た女性が主人公の小説物語

だから、13冊ということになりますね。

すごい読書家ですね、と言われたくて書いているわけではありません。


この流儀を紹介しているだけです。

わけがわからなくなりませんか?と当然聞かれます。

なることは多々あります。

ですから、出来るだけ長編小説は2冊以内にしています。

あれこれ入れるのは、いいんですが、肝心なのは「アウトプットする」こと。



本を読んで得たヒントを、話して、使って、自分のものにしてしまう。

これがないと、すぐ忘れてしまいます。

ジャンルは多岐にわたっています。

気分次第で、あっち行きこっち行きです。

1か月後には、10冊が全部入れ替わっていることを祈りつつ・・・。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-07 11:24 | 活字かつじ中毒

4月6日は「よむよむ君の日」?

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

三男くんに朝早くから電話がありました。
友だちからだったようで、内容を聞くと、

「今日、BOOK OFF は全品20%オフやき、カードを買いに行く」とのこと。

「なんでよ?」

「知らんがかえ。4月6日は゛よむよむ君の日゛やき、安いがやと」

ふむふむ、と帰りに BOOK OFF に寄ってみました。

d0162564_153715.jpg

おお、まさしくいうとおり。

全品20%オフとあります。

d0162564_15381452.jpg

太っ腹になって、4冊買いました。
大人買いとまではいきませんが、なるだけ近頃は「読まない本は買わない」
ようにしているのです。

じゃ、今までは、「読まなくても」買っていたのかい?

そうなんです。

「興味ある題材・タイトル・ジャンル」は何でも買っていました。

d0162564_15411310.jpg

4冊とも、105円だったのです。

一番下の本なんか、値段をはがすと、850円が出てきて
その下に1200円が出てきました。

だから定価でも、420円。それの20%オフだから、

d0162564_154344.jpg

〆て、336円。

1冊84円という計算です。

節約というほどの額じゃありませんが、安いものでも20%オフというのは
結構効くものなんだなぁと、実感した次第です。

大人買いしていた子どもがたくさん、店内にあふれていました。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-04-07 15:46 | 活字かつじ中毒

エッセイ系3冊-一流は変わりもの?-

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

3冊の本を読みました。

今でもカリスマ的人気のある、長嶋茂雄巨人終身名誉監督の本、
「痛くない注射針」を作った、誇りある中小企業のオヤジ経営者・岡野雅行さんの本、
「ゲゲゲの女房」で大ブーム中の水木しげるさんの娘さん・水木悦子さんのエッセイと。

【野球は人生そのものだ】
d0162564_8353723.jpg

野球になぞらえて、9回(章)で構成された長嶋さんの野球に対する
情熱と、思い出と、考え方に対することを連ねた本です。

デビューした頃のエピソードから
展覧試合でのサヨナラホームランのことの対談、
王選手への想い、垣間見せる今の野球への提言、
大リーグへの選手流出について・・・長嶋さんは話を聞くより
本で読んだほうが「面白い」と思わせたものです。

やっぱり、ポジティブ思考が並じゃありません。

【人生は勉強より「世渡り力」だ!】
d0162564_8404959.jpg

中小企業の経営者よ、大企業にへいこらするな、
職人は技術だけ磨いていりゃ言いというものじゃない、人付き合いだ。

破天荒な内容で、しかもひとを魅了する、旋盤工場の町工場社、長岡野さん。

世界一の技術を生み出す秘訣は?
言い値で仕事を請けるプライドと責任感。
職人育ての秘訣とは?

ヒント満載の、面白経営エッセイでした。

愉快、痛快です。

【お父ちゃんのゲゲゲな毎日】
d0162564_8465814.jpg

小学校の頃、「少年サンデー」に「河童の三平」という漫画が連載開始になりました。

手塚治虫さん、石森章太郎(当時)さん、川崎のぼるさんの信者だった僕には
とても信じられない、ゆるい世界観のテンポもゆる~い漫画でした。

「ゲゲゲの女房」が話題なる前から、
戦記ものを読むようになり、水木ファンになり、妖怪本なども読みました。

水木さんの私生活は、やっぱり、そのまま「河童の三平」の世界だったんです。
こんなひとがいる、というだけで、うれしくなる本。
やなせたかしさんとともに、長老作家として生き様が作品そのものなんです。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-03-21 08:52 | 活字かつじ中毒

ビジネス・集客・仕事観

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

3冊の新書を読みました。

今回は、趣味の本ではありません。
仕事・ビジネス・生き方・考え方に関係する本です。

【お客様の「特別」になる方法】
d0162564_1112412.jpg

「買いたいのスイッチ」を押す、という言葉を作った著者の新しい本です。

価格で、規模で、立地で勝負できない企業をどうやって
「売り上げが上がり、利益が確保できる会社にしていくか」を実践した例を
満載した、読めば「うちもやってみようかな」と思わせる本です。

著者は「お客様との絆づくり」というグループを主催し、
数々の「成功店」を作り出しています。

その事例を見れば、派手な宣伝活動が売上・利益を生むのではないと
いうことがよくわかります。
「あなたの店で買いたいんです」と思っていただく
マーケティングをしましょうと、提案し続けています。

絆がある人が、商売していれば、応援したくなるでしょう。
その人にいろいろいしてもらっている人は、その人から「買う」でしょう。
価格だけではない、「それ以上のもの」には人はお金を惜しまないという
非価格の法則も伝授していただけます。読んでよかった、と思える本でした。


【気にするな】
d0162564_11221063.jpg

「島耕作」シリーズや、「黄昏流星群」などの連載やほかの分野でも
今も大活躍中の、漫画家・弘兼憲史さんのエッセイです。

好きなことを仕事にしているから、続けられる。それが幸せ。
でもその根底には「偉ぶらない謙虚さ」「人のことを考えて心を配る」
ことの大切さをサラリーマン時代に学んだということ。
(サラリーマン時代は、松下電器本社の企画部)

編集者への気配り、妥協しない姿勢、いい意味のマイペース、
くよくよ考えない、いろんな体験を仕事に生かす、気楽に生きる・・・

等々、成功者だからというのでなく、自然体から繰り出されるフレーズに
一流を続けていける人の「ぶれない心」を見た気がします。


【「戦う組織」の作り方】
d0162564_11294615.jpg

東京都知事への出馬を表明し、注目を浴びている、ワタミ・グループの会長
渡邉美樹さんの著書です。

50歳にして会長に退いた勇気ある決断をした、渡邉さんの今後は?
が気になる内容でしたが、次のワタミグループのするべき事を広い視野で考える、
という内容だったと思います。いよいよ、出番ですね。

一国会議員で活動するより、渡邉美樹さんなら、都知事がよいと僕は思います。

「部下に120%の仕事を与え続ける」
「降格も辞さない、ただし人格を否定せず、チャンスは与え続ける」
「自分の家族に食べさせたい食、行かせたい学校、入れたい病院、介護施設を作る」
「世界でいちばん゛ありがとう゛が集まる会社」

たくさんのメッセージが残った本でした。

紹介してくれた、藤田さんありがとうございます。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-02-16 11:54 | 活字かつじ中毒