僕の父の日、こうでした

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。


6月第3日曜日は全国的に「父の日」でした。

その前日の土曜日の晩は東京・新宿で、長男・二男と会ってご馳走を食べながら
飲もうよ、ということになっていました。

待ち合わせ場所は、横浜市日吉に住む長男と、新宿区西早稲田に住む二男の
ちょうど中間の渋谷か新宿かなと思っていましたが、義弟が段取りしてくれた店は、
新宿の高層ビル50階にある「星空の中へ」でした。

髙さも当然ですが、コース料理も、「「ほう~」というものや「へぇ~」というものばかり出てきて
いいものを食べ慣れていない、貧乏大学生たちには、大いにご馳走だったことでしょう?

d0162564_14165365.jpg

左から、僕、長男、二男です。

素晴らしい夜景が少しだけ、向こう側に見えています。
このムードで「彼女と来たら最高やろうね?」と二人して、盛り上がっていました。

34違いの長男と、35違いの二男とですが、
「何を話すんですか?」って聞かれるって思うんです。
割と自然体ですよ。

だいたい、メールで「絶対に遅れてこないように」としておいて、
時間ジャストに、二男から携帯で「まだ来んが?時間になっちゅうけど」とダメ出し。
「今ハルクの前、もう着く」と言い訳。
大江戸線の新宿駅から地上が遠い、野村ビルが遠い。

ほぼ同時に長男からメールで、「ちょっと遅れる、ごめん」
「ほな、二人で先に入って、やりよるで」

それから10分後。
長男から電話で「もう着いたけど、どこに居るがよ?」
その時僕は、行き過ぎてたどり着いたあるホテルのドアマンに「野村ビルってどれですか?」と訊ねて
目標を確認できたばかりで、半分走りながら行っている最中だったのです。
3倍ぐらい行き過ぎていました。

二男はスマホで、長男は就活でこのあたりのことを調べていたらしい。
アナログで地図便りは親父のみ、23分遅れで、大汗かいて、やっと合流できたというわけです。

えらそうに言っておいて、いつも失敗するパターンですね?

次々に出てくるコース料理はどれも絶品のお味。
二人はわざとお腹を空かしていたようで、二男は「昼抜いてきた」とやら。

2時間半、大満足の一夜を過ごして、二男は「明日の朝早いし、最後のバスが出るから」と
分れて、長男とは地下の「グラスダンス」へ、もう1軒。

d0162564_14325765.jpg

高知では味わったことのない雰囲気と、世界のビールに舌鼓を打ちながら
チーズの盛り合わせをいただく。
至福の時間ですね。

少し酔ったせいで、いろいろ長男に生き方・考え方みたいなことを、喋りました。
来年の今頃は社会人になる長男は素直に聞いてくれる。

11時近くになったので、そろそろ帰ることにして、新宿駅に向かう。
住んでいるのが横浜市とは言え、東京都の端っこまでは電車で10分足らずのところ。
大学キャンパスは東京で就職活動もこちらで回っただけ、
新宿にも詳しくなった長男がどんどん道案内してくれる。
3年前とは正反対で・・・・。

d0162564_14384027.jpg

体育会系の長男には、「荷物持って」と頼むと軽く「OK!」で、住まいまで楽して歩けました。

飲食中、二男に「父の日」への感謝は?と聞くと
「こうして一緒にのんであげてるやんか?」とうそぶく。
「なるほど」と思いながら、騙される。



よく日、父の日当日、高知に帰り、夜三男を迎えに行く。
高校のクラブの四国大会の応援と見学で徳島に行っていたため、
高知に帰ったのは、ほぼ午後9時。

自宅まで変えると「お腹減った」
「6時の電話の時、お腹はった。もう要らんで」と言いよったやんかと言っても
腹は減っているようで、「一平ちゃん、作って」ということ。

自分でできるでしょ?と思いつつも「はいよ」と作る、これもまたいつまでも続かない
「親父冥利なのかな?」と思いつつ、作る。

モノではない。つながりが「父と子」なんだと、改めて感じた2日間でした。




人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


何位に居るのかご覧ください。  なおの応援お願いします。熱気を込めて、ポチッ。
[PR]

by lawrence1107 | 2013-06-17 14:45