ブロー・トレーニング

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



d0162564_10183619.jpg

アシスタントたちのブロー・トレーニングは、上総マネージャーの担当。

なぜなら、ブローには「時代性」が反映されているからです。

d0162564_10193072.jpg

僕が業界に入った31年前ころには、シャンプーブローのオーダー率が

お客様の30~35%もあった、と聞いたら驚くことでしょう。

今は、結婚式や行事ごとなどない限り「シャンプーブロー」のオーダーはありません。

上総マネージャーが業界に飛び込んだ頃には、ブロー技術の基礎レッスンを格別にしたことです。

d0162564_11143091.jpg

それは、役に立つアシスタント=ブロー仕上げをきっちりできる人という図式があったからです。

ハンドドライやワックス仕上げで、お客さんでもできる仕上げが主流になった時もありましたが

また近年「フィニッシング・ワーク」が大切になって来たのです。

美容室に行くからには、プロのスタイリングで仕上げてほしい、そしてそのやり方を教わりたい

というのが、今の美容師対お客様の関係性でしょうか。

d0162564_11185262.jpg

そして、スタイリングをするのには、とても重要になってくるブロー技術。

3人は真剣に学びます。

スタイリストの完全なるサポートを目指して・・・

自分自身がスタイリストになった時を見据えて・・・

d0162564_1121517.jpg

いつもはカメラを向けたら、リアクションする早耶さんも、この時ばかりは真剣モードです。

いい顔していますね。

d0162564_11221094.jpg

「何気なく写真は撮ってください」と言われれば、言われるほど、

意識してしまうのが常。

リグレッタは、しっかりした基礎技術の上に立って、「なりたいあなた」のスタイリングを提供していきます。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-09-21 11:24 | 学びの人生