日本でいちばん大切にしたい会社

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


リグレッタの新ホームページは、もうご覧いただけたでしょうか?
   ポチッと押してご覧ください。



d0162564_9322686.jpg

「日本で いちばん 大切にしたい 会社」 あさ出版 1470円 坂本光司氏著

2008年4月に発行され、即売り切れ、増刷を重ねている本です。

パート2も出ており、この暮れにはパート3が控えているそうです。

d0162564_10341048.jpg

さて、その著者であります、坂本教授のお話。

四国経済産業局と中小企業家同友会の共同主催の催し物。

d0162564_10544956.jpg

坂本教授のお話が始まりました。

高知流にいえば、いかにも「いごっそう」(失礼)な風貌と語り口。

世にいう「よい会社」をバッサバッサと切り捨てます。

さて、大切にしたい会社とは何なのか・・・?

d0162564_1153968.jpg

「大切にしたい会社大賞」というものを今年から始められるそうです。

大切にしたい会社が、大切にしなければいけない一番は誰か?

「絶対の一番は、顧客ではない!」と言い切ります。

一番はなんといっても、従業員とその家族である、と。

これには大納得であります。

ただし甘やかしの構造で、従業員満足のために「休み、待遇、福利厚生」を

あげていくだけでなく、「働きがいと自分の存在意義」を追求していく会社であること。

二番目が、取引先会社の従業員とその家族であり、

三番めに来るのが顧客である、と。

誤解しないでいただきたいのは、お客様は3番目よということではなく、

ともに働く仲間と取引先の担当さんを大切にできない会社の「顧客対応」は

十分なものではない場合が多い、「売らんかな」「利益ありき」の姿勢が前に出やすい

というこのなのです。

d0162564_11245836.jpg

僕の隣の席で真剣に聞きメモを取っていた、

インターンシップ生(高知県立大4年生)の彼女の学ぶ姿勢の机です。

初心に返りますね、こういうのを見ると・・。

d0162564_11272842.jpg

続いて障がい者雇用が、企業をどう活性化させるのかという研究をしていらっしゃる

小林先生のお話です。これまた35分ではもったいないほどの内容でしたね。

たしかに業種によって採用できる障がい者の、タイプ(障がいの種類)は違うと思いますが

労わりあい、励ましあい、助け合う という土壌の中で、社風がやさしいものに変わっていく

というのは大いに理解できます。とても有意義なお話でした。

d0162564_11312577.jpg

けっこうミーハーで、サイン本好きの僕は、控え室に忍び込んで

ちゃっかり、坂本教授に著書にサインしていただきました。ありがとうございました。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-08-27 11:32 | 学びの人生