お詫びの記事

すでに、ブログ上からは消してしまいましたが、今朝がた公開した記事
「助成金詐取について、感じたこと」を読まれた方々にお詫び申し上げます。

一、すでに高知新聞上で発表されたことを、わざわざ写真入りで取り上げて、論調する権利は
  私ごときにはありません。関係者各位の方々に、深くお詫び申し上げます。

二、まだ容疑者逮捕段階であり、確定したものでもないのに、確定したものの如く読める記事
  を書いたことについて、深く反省いたします。

三、公的助成金を審査したり、支給決定をする役割の方々にも、批判的に読める表現があり
  適切ではありませんでした。申し訳ございませんでした。

四、文章全体に、「もし自分が書かれたら」「自分の家族や会社がからんでいたら」
  こんな表現されたくないだろうな、と思われる個所が多くありました。
  いやな思いをされた方がいらっしゃると思います。深くお詫び申しげます。

五、ブログというのは、何をどう書いてもいいものではなく、一度ネットに乗れば、
  「公共のもの」ということを失念し、自分の見方に偏った内容を公開してしまったことに
  自分の社会的立場と責任を考慮せず、投稿してしまったことを後悔しています。

六、以上、書きつくせませんが、いろんな方々のいろんな考え方とらえ方がある世の中に
  独断的な文章を書くのは、ジャーナリストや評論家の仕事でしょう。
  本分を忘れてはいけません。
  拙文に気を悪くされた方や、お怒りに思われた方には、改めてお詫び申し上げます。

七、以降、軽率な言動、投稿のないように努めてまいります。申し訳ございませんでした。


               2011年7月12日      八木 勝二
[PR]

by lawrence1107 | 2011-07-12 20:16 | 時事・その他