あれこれ、よん読 3

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


【「大女優物語」】

特別、映画ファンでなくても、

オードリー・ペップバーン、モリリン・モンロー、エリザベス・テイラーの

名前も美貌も知っています。

d0162564_14305279.jpg

出版社/著者からの内容紹介
『ティファニーで朝食を』はマリリン・モンロー主演だったかもしれない。
オードリー・ヘプバーン、マリリン・モンロー、エリザベス・テイラー。
ハリウッドを代表する三人の大女優に、共演は一度もないが、その運命は思わぬ場面で絡み合っていた。
オードリーより先に『ローマの休日』の王女役に名前が挙がったリズ、
『ティファニーで朝食を』の主演を熱望していたマリリン
----最も華やかな時代の映画界を舞台に、デビュー秘話からスキャンダルまで交えて描き出す、
美貌と野望の物語。


・・・という本。

1941年から1962年までの、彼女たちの最盛期とハリウッドの斜陽化を並行して

描きながら、編年体で3人がそのときどんなことをしてどんな風に考えていたのか

という秘話にたどり着く本。

映画ファンならずとも、マニアックにはならずに

三人三様にハリウッドのシンボルとして野望を果たして行く過程は、読み応えあり。

(清純さ)オードリー・ヘップバーン
(演技力)エリザベス・テイラー
(お色気)モリリン・モンロー 

と形容されることと、自分が目指すものとの違いにそれぞれが苦悩し

なんとか、作品を通じて違うイメージ作りの腐心していたのかを感じる本です。

オードリーは、可愛いだけじゃないのよ
リズ・テイラーは、本当の愛と自分らしい作品を求めて
モリリンは「お色気と歌」だけではない自分の演技力を

求めて、奮闘するさまがそれぞれにリンクし、交錯してとてもスリリング。
下手な小説より面白いです。

「点から二物、三物」を与えられた3人の、あくなき欲望は壮絶ともいえます。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-07-03 14:31 | 活字かつじ中毒