「もしドラ」 本・映画・アニメ比較+1000回目

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ



【もしドラ・単行本】
d0162564_11145532.jpg200万部売れたというこの本。去年の春ごろからブームになったと思います。

(本の内容はというと)
敏腕マネージャーと野球部の仲間たちが甲子園を目指して奮闘する青春小説。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、マネージャーの仕事のために、ドラッカーの『マネジメント』を間違って買ってしまいます。はじめは難しくて後悔するのですが、しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。これまでのドラッカー読者だけでなく、高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど多くの人に読んでほしい一冊。
(説明のコピー)


◎小説としては、文章も構成もキャラクターの描き方も二流、いや三流でしょう。

◎でも、出版不況と言われる今に200万部とはすごすぎる。

◎視点がよかったのか、表紙がかわいかったのか。

◎きっとAKB48を主催する秋元康氏のノウハウが著者・岩崎夏海さんにあると思ったら
 同じ事務所に所属していたという事実。映画化の配役でも証明済み。


◎普段本を買わない人に買わせた。

◎1冊買って読んで誰かに、進める(あげる)ために買った。(僕は計4冊買いました)

◎決して文章力がある方の作品じゃないから、文を読みなれている人には「難解」だが、
 読みなれていない人には「易しい文章」であった。


◎自分のまわりのいろんな事にも「ドラッカーの考え」が使える、と思わせるのが
 一番の売れた理由だと思われる。クラブ活動、人間関係、家庭の仲、会社のこと
 自分の会社、チーム、仕事・・・それぞれに。



【アニメ・もしドラ】
d0162564_1311139.jpg

タイトルからしてこうだもんね。もう「もしドラ」で通じちゃっているんですよ。

d0162564_1315514.jpg

タイトルバックは、こういう絵が出てきます。

ドラッカー氏の「マネジメント」も、あれから30万部売れたとか・・・

d0162564_1332557.jpg

主人公みなみはこんな顔でした。

単行本の顔とはやや違いますね。

d0162564_1341888.jpg

そして、監督は「こんな熱血でイケメンでクールなら連いていくでしょうが」

と突っ込みたくなるような、カッコよさ。原作無視状態ですね。

d0162564_1355666.jpg

テレビアニメの最終回のラスト近くのシーン。

アニメらしい演出と、くどさが見え見えの最終回でした。


【もしドラ・映画】
d0162564_12555728.jpg

みごと、映画化されました。

さっそく見てきました。

2時間5分があっという間でしたよ。

d0162564_1256278.jpg

登場人物に血が通っていなかった、単行本とアニメに

初めて、人間味を感じられたのが映画版でした。

d0162564_1393467.jpg

ドラッカーさんも登場してきます。

みなみはドラッカーの講義も聞いてしまいます。

d0162564_13102737.jpg

映画2時間5分のうち、決勝戦までが1時間5分で決勝戦のドラマだけで1時間を使っていました。

それは大成功だと思います。

この映画を観て、ドラッカーを学びたい人は居ません。

どんな映画にして、誰がどう演じてエンタテインメントになっているのか、これが

観客の求めるところですから、ドラッカー理論なんかは字幕で処理していいのです。

実にうまく映画化したな、と感心しました。ただそれで★が4つなのかは別です。


そして、ブログを始めて、2年半のこの記事でちょうど1000回目です。
いつも、ご愛読ありがとうございます。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-06-08 15:04 | 学びの人生