県体で学ぶ

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

この21日~23日の間、高知県では高校県体育大会が開かれていました。

全国大会、いわゆるインターハイ(今年は、北東北3県で開催予定)への出場権が

多くの競技で懸かり、負ければ「部活動引退」という特別な大会です。

選手みんな、ここに照準を合わせてくるので、油断はなりません。

d0162564_12182742.jpg

さて、我が家は3人そろって(大・高・中の)バドミントン部に所属しています。

いい運動神経を両方の親から引き継げなかったもので、

中学から始めても何とかなる競技をということで、バドミントンになった

経緯が大きいと思います。

d0162564_12202491.jpg

ところが、やったことのある方、なまで見たことのある方なら

お分かりのように、レクリエーションでやるような、やわなものではありません。

「超ハード」 だけど 誰にでも楽しめる という競技でしょうか。

d0162564_12222040.jpg

二男くんが所属するチームが、団体戦優勝を決めた瞬間です。

倒れる相手校選手。  

歓喜するチームのメンバー。

d0162564_12234275.jpg

全力を出して戦った後の、礼は相手チームに対してのもの、

自分のチームメイト(応援席含む)に対してのもの、

応援してくれ、サポートしてくれた親へのもの、

そして・・・自分自身に対してのもの・・・

d0162564_1224498.jpg

解散式というのか、3年生にとっては最後の試合です。

毎日のハードな練習は翌日からありません。

四国大会、全国大会はありますが、基本的に大学受験への切り替えの時です。

全力でプレーし、青春している姿に触れ、

「あきらめないで、全力プレー」という心を見せてもらいました。

今日からの仕事にも、全力プレーです。感動をありがとう。



おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-24 12:27 | 学びの人生