てんびんの詩

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ


前回の「なまの会」で、課題図書に出されたのが、このディスク。

商工会議所青年部25代会長の土佐ハイヤー・岡本淳一くん がくれました。

d0162564_10125436.jpg

これを見てうわぁ~、懐かしいと思った人は、

① 年がある程度いっている人
② よく研究会などで、勉強している人
③ 「商売」に興味がある人

でしょうか・・・。

初めて観たのはいつだつたのかな?

とにかく、知り合いにダビングしたビデオをもらって、観た記憶があります。

あんまり感動したもので、前職の時は新人研修や、新人の親御さんに

コピーして渡したりして「入社までに見ておいてください」なんてしていました。

だからもう、ゆうに20年以上は前のことだろうと思います。



リグレッタのみんなにも全員見てもらいました。

こんなお話です。

d0162564_1020330.jpg

近江商人の街の卸問屋に生まれた大作は、小学校卒業と同時に

家業を継ぐために、「なべぶた売り」の行商に出ます。

まず、訪問したところは、簡単に買ってくれるであろう、親せきのうち。

甘やかしてはいけないと買ってくれません。

d0162564_10222920.jpg

家の商売の取引先なら、買ってくれるだろうと 高をくくって訪問しますが、売れません。

「いりまへん」と言われるたびに、悪態をつく大作なのでした。

だって、この辺のしきたりで、継ぐ者の「通過儀礼」なのは大人なら誰でも

この「修行の意味を知っている」からなんです。

d0162564_10263490.jpg

まだ、ぼんぼん気分から抜け出せない大作は、

「1枚でええから、買うてや。安いもんやし」と言いますが

「安うても、要らんもんは買わしません」と無下に断られ続けます。

d0162564_10284722.jpg

1か月たっても、姿勢が変わらない弟に、

「あんたどんな風に売っているの」「そんなんなら、売れんわ」

「売れもせんのに、しんどい思いばかりして、もういややわ」

「あのな、てんびん棒担いで、なべぶた売りするのは
 お父さんも、おじいちゃんもやったんや。うちの家の修行なんよ」

「ほんまか。知らなんだ」

「気分転換に祭りでも行ってきよし」と姉は慰め、励まします。

d0162564_1030554.jpg

それでも売れない大作は、以前「いらん、仕事の邪魔や、帰れ」

と言われた百姓のおじさんに、再会します。

「まだ、売れんのか」「はい」

「わし、商人(あきんど)に向いていないかもしれん。百姓にでもなろうな思うとる」

「何をしてもしんどいのは一緒や。百姓は自分が食べるだけなんや。
 商人は素晴らしいで。自分の才覚で、どんなにでもなれる。人のお役にも立てる」

d0162564_10473424.jpg

それでも売れないなべぶたでした。3か月たちました。

母親と、会話するシーン。

「楽して売ろうとしても、売れまへん。
 あんたが、正直者やなぁ、人のお役にたてる人やなぁ、と思うたら信用してくれるんや」

「少しわかってきたような気がします」

d0162564_1052093.jpg

それでも売れず、遠い見知らぬ地まで行かざるを得なくなり

家にも帰らず、頑張る大作。

ふと見た時に、川辺にほったらかしにされている 鍋を見た大作は・・・

d0162564_1054018.jpg

鍋の持ち主のおばさんが、その姿に感動して、ついに

「買うたる、買うたる。みんなも紹介したる」

というてくれるこのシーン。ジーンとくるはずです。

d0162564_10553321.jpg

この婆ちゃんも、「あんたの、なべぶたが欲しい。売ってくれ」と言い

疲れた、大作を風呂に入れ、泊まれともてなす。


この後が、実は最大の感動シーンです。

商売とは何か、原点を考えさせられる90分の物語です。

20数年を経ても全然古びていなかったのは、

描かれている修行の時代が、昭和の初めだからでしょうか。


おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ
[PR]

by lawrence1107 | 2011-05-20 10:25 | 学びの人生