ビジネス・集客・仕事観

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

3冊の新書を読みました。

今回は、趣味の本ではありません。
仕事・ビジネス・生き方・考え方に関係する本です。

【お客様の「特別」になる方法】
d0162564_1112412.jpg

「買いたいのスイッチ」を押す、という言葉を作った著者の新しい本です。

価格で、規模で、立地で勝負できない企業をどうやって
「売り上げが上がり、利益が確保できる会社にしていくか」を実践した例を
満載した、読めば「うちもやってみようかな」と思わせる本です。

著者は「お客様との絆づくり」というグループを主催し、
数々の「成功店」を作り出しています。

その事例を見れば、派手な宣伝活動が売上・利益を生むのではないと
いうことがよくわかります。
「あなたの店で買いたいんです」と思っていただく
マーケティングをしましょうと、提案し続けています。

絆がある人が、商売していれば、応援したくなるでしょう。
その人にいろいろいしてもらっている人は、その人から「買う」でしょう。
価格だけではない、「それ以上のもの」には人はお金を惜しまないという
非価格の法則も伝授していただけます。読んでよかった、と思える本でした。


【気にするな】
d0162564_11221063.jpg

「島耕作」シリーズや、「黄昏流星群」などの連載やほかの分野でも
今も大活躍中の、漫画家・弘兼憲史さんのエッセイです。

好きなことを仕事にしているから、続けられる。それが幸せ。
でもその根底には「偉ぶらない謙虚さ」「人のことを考えて心を配る」
ことの大切さをサラリーマン時代に学んだということ。
(サラリーマン時代は、松下電器本社の企画部)

編集者への気配り、妥協しない姿勢、いい意味のマイペース、
くよくよ考えない、いろんな体験を仕事に生かす、気楽に生きる・・・

等々、成功者だからというのでなく、自然体から繰り出されるフレーズに
一流を続けていける人の「ぶれない心」を見た気がします。


【「戦う組織」の作り方】
d0162564_11294615.jpg

東京都知事への出馬を表明し、注目を浴びている、ワタミ・グループの会長
渡邉美樹さんの著書です。

50歳にして会長に退いた勇気ある決断をした、渡邉さんの今後は?
が気になる内容でしたが、次のワタミグループのするべき事を広い視野で考える、
という内容だったと思います。いよいよ、出番ですね。

一国会議員で活動するより、渡邉美樹さんなら、都知事がよいと僕は思います。

「部下に120%の仕事を与え続ける」
「降格も辞さない、ただし人格を否定せず、チャンスは与え続ける」
「自分の家族に食べさせたい食、行かせたい学校、入れたい病院、介護施設を作る」
「世界でいちばん゛ありがとう゛が集まる会社」

たくさんのメッセージが残った本でした。

紹介してくれた、藤田さんありがとうございます。
[PR]

by lawrence1107 | 2011-02-16 11:54 | 活字かつじ中毒