旅行中に読んだ本

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキング

JRでの旅は、時間がかかるから嫌、という人も多いですが、
東京は別にして、大阪までなら、僕は列車の旅が好き。
ヒコーキではゆっくり読書する暇もないほどですが、
大阪までなら、ちょうど1冊分程度読める時間があるからです。

そして、高知駅-大阪駅の実質所要時間は大差ないですから。
土讃線の「振り子電車」に弱い人には無理な話になりますが・・・

『D列車でいこう』
d0162564_9454750.jpg名曲「A列車でいこう」からタイトルを頂いているのは間違いないでしょうが、作品はなかなか楽しい起業ものでした。
広島県の田舎の第三セクター路線の年間赤字はたったの三千万円なのに、2年後に「廃線」決定という。奇妙な縁から集まった3人の作る「株式会社ドリームトレイン」が建て直しを謀り、成功までの過程を描く小説です。

その3人は55歳の大手銀行支店長(ただし、子会社への出向を命じられる)、58歳の元官僚(天下り3回で退職金2億円)、そして32歳MBAを持つ才媛美女という面々。
企業建て直し小説としても楽しく、中年起業小説としても楽しい。

人口も経済も停滞している田舎で、どうやって人を呼び込み、電車に乗せるか・・・このテーマはすべての企業の不振打開へのヒントになるだろうと思います。
あまり知られていない小説ですから、是非お勧めしたいです。
もちろん経営にタッチしていない人たちにもお勧めですよ。



『そうか、もう君はいないのか』
d0162564_9563346.jpgこちらは、日本に「経済小説」という分野を確立させた作家・城山三郎さんの亡き妻に捧げるエッセイです。

亡き妻、というと、きっと悲しい物語なのね、と思うかもしれませんが、生き生きとしてユーモラスでいとおしく感じさせる夫婦の関係は、「一対」ということばが当てはまるような、とても楽しいものです。

城山さんも、奥様の亡くなられた6年後に亡くなり、その後にこの原稿が発見され本になったというものです。なので、もしかしたら「発表するつもりで」書いたのではないのではないか、と思うほど、自身の内面を描写しています。

難しい顔をしている作家も、内面は子どもな部分もあるんだとほほえましくもあります。
そんなものだろうとは分かっているのですが、
それでも「にやり」ささせられる純情を感じる場面の多いこと。

夫婦とは、パートナーとは、純愛とは、そんな質問に答えたような城山さん最後の作品です。
[PR]

by lawrence1107 | 2010-08-19 09:24 | 活字かつじ中毒