これが常用漢字に?書けるの?読めるの?

おかまいない方は、応援してください・・・。
↓ をポチッと、1クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

常用漢字の見直しで、追加されそうな漢字が一気に「196文字」。

こんなの書けるんですか?
というような文字がずらり。

無理でしょう、と思われるのが

語彙(ごい)の
憂鬱(ゆううつ)の
補塡(ほてん)の
滑稽(こっけい)の
辛辣(しんらつ)の

常用漢字の基本的定義は、
①、中学校でほぼ読めること
②、高校でほぼ書けること
なんですって・・・・。  こりゃ無理でしょ。

ただし、前文に
「すべての漢字を手書きできる必要ではなく、
それを求めるものでもない」とあるのです。

要するに、携帯・パソコンで変換して、ひらがなで書かないでね
ということなのだろう。

逆に驚いたのが、「こんな字が入っていなかったの!?」という文字。

奈良の『奈』、岡山の『岡』、岐阜の『阜』、熊本の『熊』、茨城の『茨』
愛媛の『媛』、鹿児島の『鹿』、大阪の『阪』、近畿の『畿』、韓国の『韓』など。

29年ぶりの見直しということですから、時代が変わっているんですね。
高校生が読み書きできて、大人が知らない文字なんてのも出来るわけで

「父さん、こんな字も読めないの?」と子どもに言われる日も近いのかも・・・。
[PR]

by lawrence1107 | 2010-06-08 08:12 | 活字かつじ中毒